お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国石油セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国石油セクター

2011/2/1
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。
facebook twitter 印刷する

1月28日 H株「オーバーウエート」、A株「オーバーウエート」
原油相場の短期的なピークを予想、国内石油製品価格は4月に再び値上げか

国際原油相場は昨年9月末から23%高騰したが、BOCIは相場押し上げ要因の一部が向こう2-3週間後に消えるとみて、原油相場がほぼ短期的なピーク水準に達したと指摘している。石油セクターの個別銘柄に対しては、おおむね株価の先行きに強気見通しを継続しているものの、向こう数週間で流れが変わる可能性に言及。投資家に対し、石油セクターの川下銘柄への乗り換えが選択肢の一つになるとしている。

ICEブレント原油は10月初めに1バレル=80米ドルの大台を突破し、12月には同90米ドルまで上昇した。現時点では100米ドル弱と、金融危機以来の高値水準に達している。原油相場を押し上げたのは、米国の追加量的緩和第2弾(QE2)や世界需要への強気見通し、北半球における今冬の厳しい寒さなど。最近では一部のアラブ諸国の政情不安が供給不安を招く要因だ。ただ、QE2は今年6月に終わり、QE2に対する内外の批判が続く中で、第3弾(QE3)は不透明な状況。BOCIはこうした要因を指摘し、原油相場がほぼ短期的なピーク水準に達した、あるいは近く達する可能性が高いとみている。

10-12月期の高騰を受け、ブレント原油の昨年の平均価格は同80.2米ドルと、BOCI予想の79.2米ドルを上回った。BOCIはこれに伴い、2011年、12年の予想平均価格をいずれも94米ドルに上方修正(修正前想定値は11年が84.9米ドル、12年が87.3米ドル)。同時、原油価格に関する長期見通しも90米ドルから94米ドルに上方修正した。

一方、中国国内では、政府当局が昨年12月22日に石油製品値上げを実施し、ガソリン、軽油価格をそれぞれ1トン当たり310元、300元の幅で引き上げた。インフレ抑制策が最重要課題となる中、中国政府は「原油相場連動型の石油製品価格決定メカニズム」をほぼ規定どおり履行している。BOCIは原油相場が現行レベルで高止まりした場合、政府が再び石油製品値上げに動く可能性を指摘しながらも、3月初めの重要政治会議(全人代および政協会議)が終わるまでは値上げを見送るとの見方。4月初めに1トン当たり200元の引き上げを実施すると予想している。

人民元の対米ドル相場は現在1米ドル=6.582元の水準にあるが、BOCIのエコノミストは年末までに同6.22元まで元高が進むと予測している。米ドル建てで原油を調達し、人民元建てで製品を販売している国内の石油精製会社にとっては、人民元高がコスト増大圧力の軽減につながる見込み。BOCIは自社の原油想定値と石油製品の値上げ見通しに基づき、石油精製銘柄の収益性はかなり良好との見方を示している。

中国政府は昨年6月、新疆ウイグル自治区で原油・ガスを課税対象とする資源税改革を先行実施し、11月にはさらに11省・自治区に対象を広げたが、これはBOCIの予想より約2カ月遅いタイミング。これに伴い、BOCIは全国規模での実施が当初予想の今年初めより先送りされ、6月ごろとなる可能性を指摘している。

 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国石油セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国石油セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。