お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ドル円の年間変動幅
ハッサク
ハッサクのなるほど為替超入門
為替ディーリング歴22年。現役時代は行内で為替業務を社員に教示するなど、為替のイロハを熟知。「お金は、戦後最大の成長産業」と言い切るハッサク。「新聞などの身近な情報で為替分析」が…

ドル円の年間変動幅

2014/11/5
ドル円は、先週末から日銀の追加金融緩和の発表により大きな上昇をしていますが、今回は年間の変動幅についてお話したいと思います。8月半ばから9月半ばにかけて102円台から109円台と約7円の円安が進行しました。
facebook twitter 印刷する

ドル円は、先週末から日銀の追加金融緩和の発表により大きな上昇をしていますが、今回は年間の変動幅についてお話したいと思います。8月半ばから9月半ばにかけて102円台から109円台と約7円の円安が進行しました。スピードが速すぎるから調整があるのではないかという見方が多くなり、最初に109円台に乗せ109.46円を付けた後、一旦108円台半ばへの押しが見られました。ここまでの年間値幅は、8円70銭(109.46-100.76)です。約7円の値幅は年間の値幅の80%に当たることになります。マーケット参加者の多くが、「1ヶ月で7円は速すぎる。一旦調整があるだろう」と感じたのは、過去のドル円の年間の値幅が頭にあるからだと思います。通貨の動きや値幅には、それぞれ固有の特性があるため、過去の値幅を知ることは相場を予測する上で大切な道具のひとつになります。

ドル円 年間変動幅

 

※2014年は9月末時点の数値

上記の表は、1990年以降のドル円の高値、安値そして年間値幅と変動率を表しています。数字は絶対的なものではなく、どの時間帯の始値をとるか、ワンタッチの高値や安値をとるかで変わってきますので、参考値としてお読み下さい。

ドル円の値幅の特性

上記の表(1990年〜2013年)から推測されるドル円の値幅の特性をまとめてみます。

  • 最大年間値幅は1990年36.70円、最小値幅は2011年10.22円、平均18.95円
    2011年は円の史上最高値75.31円を付けた年(ドル円は戦後360円からスタート)
  • 変動率(年間値幅÷年初始値)最大1998年27.72%、最小2006年9.26%、平均16.99%

この過去の動きから今年の予想レンジの最大、最小、平均を推測すると、年間幅では、今年の安値(100.76円)に加えた高値は、137.46円、110.98円、119.71円
変動率では、今年の始値(105.26円)に変動率をかけると、29.18円、9.75円、17.88円、今年の始値(105.26円)に値幅を加えると、134.44円、115.01円、123.14円
ということになります。ひとつの目安として参考にして下さい。但し、2000年までの変動幅は大きく(平均22円)、近年はそれよりも小さくなってきていますので、参考までに直近5年、10年、15年の平均も下表にまとめましたので、ご参考にして下さい。個人的には、最近のボラティリティの低さや金融環境を考えると大変動にはなりにくい相場地合いと考えています。

 

また、上記の表には前年の終値から翌年の高値の値幅と安値の値幅も計算しています。下表はその直近5年、10年、15年を平均したものです。これは、翌年の相場レンジを予測するひとつの参考値になります。例えば、もし今年の年末に110円で終われば、来年の予想レンジは5年平均を使えば、104.88円〜119.13円になるということです。法人企業などで来年の予算を立てる時に役に立つかもしれません。それでは各表をじっくりと眺めながら読み解いて下さい。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいドル円の年間変動幅

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ドル円の年間変動幅

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。