facebook twitter
株価、ドルとも下落が一服で金曜日は落ち着いたマーケットなど
池水 雄一
他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!
Bruce(ブルース)レポートとは、金取引の第一人者、一貫して貴金属ディーリングに従事し、世界中のブリオン(貴金属)関係者の間でも名を馳せた池水雄一氏が執筆する、金融会社・貴金属…

株価、ドルとも下落が一服で金曜日は落ち着いたマーケットなど

2014/10/28
Bruce(ブルース)レポートとは、金取引の第一人者、貴金属取引で世界屈指の取り扱い高を誇るスタンダードバンクの東京支店長である池水雄一氏が執筆する、金融会社・貴金属業者など向けに配信されているレポートです。
facebook twitter メールで送る 印刷

株価、ドルとも下落が一服で金曜日は落ち着いたマーケット  2014年10月27日分より

金曜日は落ち着いたマーケットでした。株価、ドルとも下落が一服、若干の戻しの動きとなり、それに応じてメタルが売られる結果となり、一週間で見るとパラジウム以外はほぼ月曜日のオープニングと同じレベルまで戻ったということになりました。今週もドルをみながらの動きとなりそうです。先物のポジションの整理も一服、内部要因からの下落や上昇という可能性は小さくなりました。しばらくは小動きになるのではないでしょうか。

NY金 2014年12月限 日足

チャート出所:楽天証券の商品先物取引ツール「Formula(フォーミュラ)」

CFTC Commitments of Traders Report as of 21 Oct 2014  2014年10月27日分より

投資家ロングは251トンから 334トンへ増加。

コメックスの投資家ポジションと金価格

株価が戻し、ゴールドとプラチナが売られました  2014年10月24日分より

株価が戻し、ドルも大きく買い戻されたので、ゴールドとプラチナが売られました。ゴールドは一時1230ドルを割り込み今週の安値となりました。しかしドル円が108円台とほぼ1円の円安に動いたため円建てではほとんど動きはありません。パラジウムだけはドル建ての上げで円建ても大きく上昇しました。パラジウム以外はドルとメタルが打ち消しあって円建ては動きづらそうです。

中国の2013年のゴールド需要は2199トン!?  2014年10月23日分より

China Gold Association (CGA:中国黄金協会)がChina Gold Year Book 2014(中国黄金年鑑2014)で発表したところによると昨年2013年の中国のゴールド需要は2200トンに上ったということです。地金の輸入が1507トン、鉱石が17トン、国内生産が428トン。(スクラップが247トンということになりますか。)これは欧米系の調査会社や金融機関の分析よりもはるかに多い数量です。(WGCは1066トンとしています。)この年鑑、中国語だけでの発行のようです。ちょっと読んでみたいな。

しっかりのマーケットが続きます  2014年10月22日分より

しっかりのマーケットが続きます。インド・中国でのゴールドの買いが9月10月の記録からはっきりとしてきており、ゴールドが上昇を始めたことの要因になっていたようです。昨日はインドの9月の輸入量が100トン近くまで増えたことを書きましたが、中国もゴールデンウイーク10/1-7の前後5日間でSGE倉庫からの現物の引き出しが68トンにも達したようです。1200ドルサポートされましたね。円建てでもゴールドは4300円近辺まで戻してきました。まだ株価は不安定、投資家の疑心暗鬼はゴールドにとってはプラスですね。

しっかりな一週間の始まりとなりました  2014年10月21日分より

しっかりな一週間の始まりとなりました。日経平均は大きく戻し、ドルもしっかりでしたが、それでもゴールドは売られることなく、オープンから徐々にレベルを切り上げ、ほぼ一日の高値でアジアは終わりました。その後の欧米でも上昇は続き、さらに10ドル近く上昇しました。株価の下落は止まったとはいえ、まだマーケットには不安が残っているのかもしれません。インドではDiwaliと呼ばれるヒンズー教の「光の祭り」が明日水曜日から始まります。例年この時期にはゴールドが売れることで季節的要因となるのですが、このお祭りシーズンを前にして9月のインドのゴールド輸入量は、昨年の同月の450%増、ゴールドが1200ドルとすると97トンものゴールドが9月に輸入されたことになります。このインドの買いもゴールドの底値を支えたのかもしれません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください株価、ドルとも下落が一服で金曜日は落ち着いたマーケットなど

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

株価、ドルとも下落が一服で金曜日は落ち着いたマーケットなど

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。