facebook twitter
欧州財政危機は今、どうなっている?
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

欧州財政危機は今、どうなっている?

2013/9/20
今日のまとめ 1.欧州主要国の5年債利回りは落ち着きを取り戻した 2.景況感は上向いている 3.南欧諸国の財政立て直しは進捗している 4.株式市場はボックス圏を推移しいている 5.ドイツの選挙が終われば成長戦略へ舵をきることが出来る
facebook twitter メールで送る 印刷

今日のまとめ

  1. 欧州主要国の5年債利回りは落ち着きを取り戻した
  2. 景況感は上向いている
  3. 南欧諸国の財政立て直しは進捗している
  4. 株式市場はボックス圏を推移しいている
  5. ドイツの選挙が終われば成長戦略へ舵をきることができる

癒えつつある南欧

2009年のギリシャ危機に端を発した欧州財政危機は、ひと頃、世界の投資家が最も注目する懸念事項でした。しかし最近は、あまりニュースになりません。あの問題は、もう解決したのでしょうか? 今日はそのことについて検証してみたいと思います。

先ず欧州主要国の5年債利回りのチャートを示します。

去年の8月、イタリアの5年債利回りは5.4%、スペインは7.4%でした。金利が高いということは、債券価格は逆に人気離散で売られていることを意味します。投資家はこれらの国々の借金の借り換え能力に疑問を持っていました。しかし現在はイタリア、スペインともに利回り3.2%と、随分、下がっています。これは投資家の不安がかなり取り除かれた事を意味します。

一方、フランスとドイツの5年債利回りは、歴史的に低い水準から、徐々に上昇しています。これはそれらの国々の景気が回復してきていることを反映しています。

景気の現況に関するZEW-FMSカレント・エコノミック・コンディションの調査でも景況感は上向いています。

政府の取り組み

南欧諸国は危機の発端となった財政赤字の圧縮に果敢に取り組んでいます。下はギリシャの基礎的財政収支です。

次はスペインの基礎的財政収支です。

これらのグラフからも財政の立て直しは進捗しており、「世界の投資家が、誰も南欧諸国にお金を貸してくれないので、国が破綻する」という危機は遠ざかったと言えます。しかし欧州は依然として高い失業率と不景気の問題を抱えています。

欧州の株価の動き

欧州の株価はどのように推移したのでしょうか? 下はバンガードFTSEヨーロッパETF(ティッカーシンボル:VGK)の長期チャートです。

このETFはFTSE Developed Europe Indexに依拠しており、欧州先進17カ国の全ての市場の上場企業497社から構成される指数です。従って、全体の動きの目安になると言えるでしょう。これを見ると欧州の株式市場はギリシャ問題の発覚以降、ずっとボックス圏の中を横這っていることがわかります。

ドイツ連邦議会選挙が終われば成長に舵切り

9月22日にドイツで連邦議会選挙があります。現在のドイツの議席比率は下のグラフのようになっています。

今回の選挙で、メルケル首相のキリスト教民主同盟がどれだけ得票を伸ばせるかはわかりませんが、仮に現在の連立政権(キリスト教民主同盟+自由民主党+キリスト教社会同盟)が過半数を得られず、多数派を形成するために社会民主党と組まなければいけなくなった場合でも、ドイツには過去にもそうした例があり、大きな懸念材料ではないと思います。

むしろ選挙が終わった事で、有権者を気にせず、成長戦略へ舵を切ることができるようになることが重要だと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください欧州財政危機は今、どうなっている?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

欧州財政危機は今、どうなっている?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。