お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
薬品セクターについて
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

薬品セクターについて

2013/7/16
今日のまとめ 1.薬品株は景気後退局面に強い 2.パテント切れで薬価が急落するリスクがある 3.M&Aにより製薬会社とバイオテクノロジー企業の境界がぼやけてきている
facebook twitter 印刷する

今日のまとめ

  1. 薬品株は景気後退局面に強い
  2. パテント切れで薬価が急落するリスクがある
  3. M&Aにより製薬会社とバイオテクノロジー企業の境界がぼやけてきている

薬品セクターの概観

今日は薬品セクターの大型株を中心に紹介します。

一般に製薬会社の株はディフェンシブな性格を持っていると言われます。それは景気後退局面に強いという意味です。

普通、製薬大手はたくさんの種類の薬を販売しており、売上は安定しています。従って四半期決算におけるサプライズも少ないです。

しかし薬のパテントが切れると、ライバルのゾロ品(ジェネリック)が登場するため、薬価が急落します。

このため大ヒットした大型薬がパテント切れを迎える前後は、株価も神経質な動きになります。

製薬会社は、研究開発により新薬を出すことで成長を維持するのが理想です。しかしブロックバスターと呼ばれるような大ヒットは、だんだん出にくくなっています。

これは従来の低分子化合物のノウハウに基づく創薬手法が限界に達したことが関係しています。そこで近年ではバイオテクノロジー(生物学的製剤)が利用されるようになってきています。

バイオテクノロジーとは、遺伝子工学の切り貼り技術を駆使することで病原菌を大量生産し、ピンポイントで病気の原因を突き止め、その原因に直接働きかける薬を創薬しようとする試みを指します。

自社で創薬できない場合、ライバル企業を買収する方法で成長を確保します。その場合のターゲット企業は、製薬会社である場合もあるし、バイオテクノロジー会社の場合もあります。近年では製薬会社とバイオテクノロジー会社の境界が、ぼやけてきています。

大手製薬会社の多くは、パテント切れによる成長鈍化の問題に直面しています。その半面、財務的にはしっかりした企業が多く、高配当を維持している企業も散見されます。

銘柄 ティッカー PER 配当利回り 主力薬
ブリストル・マイヤーズ BMY 26.1 3.08% 2Plavix, Erbitux, Taxol
グラクソ・スミスクライン GSK 16.55 4.47% Wellbutrin, Advair
イーライ・リリー LLY 13.19 3.80% Cymbalta, Alimta
メルク MRK 14.07 3.54% Singulair, Zetia
ノバルティス NVS 18.41 3.35% Diovan, Lotrel
ノボ・ノルディスク NVO 22.71 1.88% Victoza
ファイザー PFE 18.00 3.33% Lipitor, Enbrel
  • 【注釈】
  • PER(株価収益率)は2013年のEPS(一株当り利益)に基づく
  • 配当利回りは2013年の予想DPS(一株当り配当)に基づく
  • (予想はバリューラインより、株価は7月12日引値を使用)

ブリストル・マイヤーズ

ブリストル・マイヤーズは1858年に創業された歴史のある会社です。同社は癌、肝炎、感染症などの分野で事業を展開しています。主な薬にはスプリセル錠、タキソール注射液、レイアタッツ・カプセルがあります。

最近、同社株は人気化しています。その理由は非小細胞肺がん、腎細胞がん、進行性悪性黒色腫(メラノーマ)に関し、米国食品薬品局(FDA)がNivolumabをファスト・トラックに指定したからです。Nivolumabは現在、フェイズII試験中であり、PD-1とよばれるたんぱく質が作られるのを制限することにより人体の免疫システムが癌細胞を攻撃するのを助ける、いわゆる免疫療法(immunotherapy)と呼ばれるアプローチです。

これはユニークな手法であることから投資コミュニティにはこれが癌進行阻止の決定打になるのではないかという期待が広がっています。

しかし、過去にも大きなブレイクスルーが期待されて、実際にはそれほど効果が大きくなかったケースもあります。またそれ以外の新薬のラインナップは、平凡だと言えます。業績面でも、あまりパッとしません。

ブリストル・マイヤーズの業績(ドル、2013年以降は予想、バリューライン)

【略号の説明】

  • DPS 一株当り配当
  • EPS 一株当り利益
  • CFPS 一株当りキャッシュフロー
  • SPS 一株当り売上高

同社の場合、株価評価はNivolumabに対する期待から、かなり割高となっています。

ブリストル・マイヤーズ(BMY、データ出典:キャピタルIQ)

グラクソ・スミスクライン

グラクソ・スミスクラインは英国のグラクソ・ウエルカムと米国を中心としたスミスクライン・ビーチャムが2000年に合併して出来た製薬会社です。うつ病、喘息/COPD治療薬、抗菌薬、抗インフルエンザウイルス薬など幅広い分野で事業展開しています。主な薬はパキシル、ラミクタール、アドエア、オーグメンチン、リレンザです。

喘息/COPD治療薬の分野は同社が得意とする分野ですが、若し米国のバイオテクノロジー企業、リジェネロン(ティッカー:REGN)がサノフィ(ティッカー:SNF)と開発中のDupilumabが承認された場合、防衛的見地からリジェネロンを買収することも考えられます。その場合の問題点としてはグラクソ・スミスクラインが既に305億ドルの負債を抱えている点です。

グラクソ・スミスクラインの業績(ドル、2013年以降は予想、バリューライン)

業績的には足踏み状態が続いています。現在の配当利回りは4.47%と魅力的ですが、若干ムリして配当を支払っている観もあります。

グラクソ・スミスクライン(GSK、データ出典:キャピタルIQ)

イーライ・リリー

イーライ・リリーは1876年にインディアナポリスで創業された製薬会社で、中枢神経系、内分泌・糖尿病の病気、骨粗しょう症、癌の分野に注力しています。おもな製品にはサインバルタ、アリムタ、ジプレキサなどがあります。

このうちジプレキサは既にパテント切れになっているため、売上高は急減しています。また現在、同社で最も大きな薬(全社売上高の25%)であるサインバルタも今年12月でパテントが切れる予定です。

イーライ・リリーの業績(ドル、2013年以降は予想、バリューライン)

同社株はパテント切れリスクを反映して軟調に推移しています。

イーライ・リリー(LLY、データ出典:キャピタルIQ)

メルク

メルクはドイツのE. Merckの子会社として1891年にニューヨークに設立されました。同社は呼吸器系疾患、循環器系疾患、糖尿病、皮膚疾患など幅広い分野に事業展開しています。主な薬としては、シングレア、ジャヌビアなどがあります。

主力薬シングレアは2012年第3四半期にパテント切れを迎えて以降、苦戦しています。ジャヌビアは海外市場では成長していますが、米国市場では競争激化のため頭打ちになっています。

メルクの業績(ドル、2013年以降は予想、バリューライン)

同社の配当は安全です。主に配当利回り目当ての投資家に買われるべき株だと思います。

メルク(MRK、データ出典:キャピタルIQ)

ノバルティス

ノバルティスはスイスのバーゼルに本社を置く製薬会社で、チバガイギーとサンドが1996年に合併して出来た会社です。同社は医薬品(66%)、ジェネリック(19%)、OTC医薬品(10%)などの事業部を持っています。医薬品では癌、循環器系、呼吸器系、中枢神経領域、臓器移植の際の免疫抑制剤、加齢黄斑変性治療薬などを展開しています。ディオバン、ラミシール、グリベック、ゾメタなどの薬を販売しています。

同社は比較的パテント切れリスクが小さく、新薬のパイプラインも充実しているし、財務的にも安定しています。

ノバルティスの業績(ドル、2013年以降は予想、バリューライン)

配当は安全です。

ノバルティス(NVS、データ出典:キャピタルIQ)

ノボ・ノルディスク

ノボ・ノルディスクは1923年にデンマークで創業された製薬会社です。創業当初からインスリンのリーディング・カンパニーを目指し、糖尿病(売上高の79%)の分野では世界最高水準の技術を持っています。同社はインスリンのグローバルなマーケットシェアで46%(数量ベース)を占めています。このほか成長ホルモン治療、血友病などの分野でも実績があります。

売り上げ構成は北米が45%、欧州が24%、その他が31%となっています。世界の糖尿病の市場は年率10%で成長しており、ノボ・ノルディスクは2004年以降、売上高ベースで常にトップを走っています。

ノボ・ノルディスクの業績(ドル、2013年以降は予想、バリューライン)

同社の配当利回り(1.88%)は他社より低いですが、それは成長が十分あるので、配当で投資家を呼び込まなくても良いためです。

ノボ・ノルディスク(NVO、データ出典:キャピタルIQ)

ファイザー

ファイザーは時価総額で世界最大の製薬会社です。ほぼ全ての疾患の分野で事業展開しています。リピトール、エンブレル、リリカ、プレベナーなどの薬があります。

同社の業績は主力薬リピトールがパテント切れとなったため足踏み状態にあります。

ファイザーの業績(ドル、2013年以降は予想、バリューライン)

同社のバランスシートは強固です。ただそれ以外には見るべきものはありません。

ノボ・ノルディスク(PFE、データ出典:キャピタルIQ)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください薬品セクターについて

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

薬品セクターについて

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。