お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
第1回人気の投資信託で多くの人が損をする理由
福田 猛
なぜ投資信託で損をするのか
福田猛(ファイナンシャルスタンダード(株)代表取締役)提供レポートです。人気セミナー「投資信託選びの新常識セミナー」の講師 福田が投資信託選びで損をしてしまう理由をあげ、どのよう…

第1回人気の投資信託で多くの人が損をする理由

2016/3/16
現在日本には5,867本(2016年1月末現在)の投資信託があるとのことですが、その中から本当に自分に合った投資信託を選ぶことは難しいことです。本稿では投信の資産運用における注意点を分かりやすく解説します。
facebook twitter メールで送る 印刷

現在日本には5,867本(2016年1月末現在)の投資信託があるとのことですが、その中から本当に自分に合った投資信託を選ぶことは難しいことです。本稿では投信の資産運用における注意点を分かりやすく解説します。

あなたの投信選び、本当に大丈夫ですか?

次の3つの間違った投資信託選びを行っている場合、投資信託で損をするケースが多くなると考えています。

その3つとは、①人気のテーマ型投資信託、②分配型投資信託、③フル投資型投資信託を選ぶことです。

あまり馴染みのない言葉かもしれません。本稿ではこれらの投資信託選びの何が問題なのかを解説します。そのうえで、不安定な市場環境において、どのような投資信託が有効なのかを最終回でお伝えします。

まず1つ目の間違った投資信託の選び方として、①人気のテーマ型投資信託について解説をします。テーマ型投資信託の問題点は、高値掴みとなるリスクが高い投資と言えるからです。

テーマ型投資信託は、その時々の人気のテーマを投資対象とする投資信託の事です。その時々のホットな話題への投資であることから、投資家も飛びつきやすく、人気化しやすいといえます。現在日本の人気投資信託の上位の銘柄はほとんどがテーマ型になります。

なぜ人気(テーマ型)の投資信託は高値掴みになりやすいのか

結論から申し上げると以下のような投資循環があるからです。

成長性・テーマ性がある

  •  

資金が流入し始める

  •  

話題になり注目・商品化される

  •  

更に多額の資金が流入し割高になる

という流れです。人気投信=既に大勢が注目・投資している、という認識が必要です。

株式相場には「噂で買って事実で売る」という格言があります。また新聞でも頻繁に「織り込み済/材料出尽くし」という言葉を目にします。

一例をあげます。2015年12月に米国で利上げが実施されましたが、当時、「米国が利上げするからドル高になる。今が買いです」という主旨の解説をする専門家が多くいました。

しかし実際には2015年6月に125円を突破していたドル/円相場は、利上げが決定した12月には122円台、その後は円高傾向となり、2016年2月には一時110円台にまで下落しました。

理論的には、利上げはその通貨の上昇要因となります(現在のブラジルのように高インフレ懸念が強い場合を除く)が、なぜ2015年12月の利上げ後に米ドルは大幅に下落をしたのでしょうか。それは「既に米国の利上げを織り込んでいたから」です。実際にドルインデックス(ドルの価値を総合的に表す指標)は2014年夏から上昇し続けていました。

これは利上げを見越して投資家が先回りの買いを入れていた結果と言えます。

【添付資料】2014年夏以降、利上げを事前に織り込み、米ドルは各国通貨に対して上昇

出所)ブルームバーグ

先回りに成功した投資家は、その後利上げが決定的(材料出尽くし)になり、狙い通りドルが上昇したら利益を確定します。「噂で買って事実で売る」のです。

過去の例でも「オリンピックがある/成長性がある」という話題性から中国株やブラジル関連の投資信託を購入して高値掴みになった投資家は大勢います。近年ではMLPエネルギー関連ファンド、ハイ・イールド債券ファンド、米国リートファンドに多額の資金が流入していました。市場価格にはそうした思惑が既に織り込まれていないか検証することが必要なのです。

ラーメン屋は人気店舗の方がおいしいケースが多いですが、人気の投資商品には注意すべきでしょう。

次回掲載予定日は4月13日(水)です!

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第1回人気の投資信託で多くの人が損をする理由

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第1回人気の投資信託で多くの人が損をする理由

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。