お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国金属セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国金属セクター

2012/7/10
中国の景気減速や米景気回復ペースの鈍さ、さらに欧州債務危機を受け、投資家の多くは金属セクターに対して慎重な投資スタンスを取っている。BOCI
facebook twitter 印刷する

7月10日
世界的な景気不透明感が投資心理に影響、銅と鉄鉱石のファンダメンタルズが良好

中国の景気減速や米景気回復ペースの鈍さ、さらに欧州債務危機を受け、投資家の多くは金属セクターに対して慎重な投資スタンスを取っている。BOCIは複数のカバー銘柄のバリューに言及しながらも、短期的には金属セクターへの投資意欲がマクロ経済環境に左右されるとみている。品目別では銅および鉄鉱石のファンダメンタルズが良好との見方。この2品目においては、世界最大の金属消費国である中国の国内自給率が低く、輸入依存度が高いことをその理由に挙げた。一方、アルミニウムについては世界的な供給過剰や在庫の高水準を指摘し、価格低迷が続くと予想。金に関しては「投資資金の避難所」としての地位を理由に楽観見通しを示している。

アルミニウムについては、中国の不動産引き締め政策を背景に需要萎縮と価格の軟化が続くとの見方。今年下期に不動産引き締めの緩和が行われる可能性は低いとし、来年まで続く見通しを示した。ロンドン金属取引所(LME)のアルミの在庫量は対消費量ベースで37-38日と、過去3-5年の平均値35-40日とほぼ同水準にあるが、BOCIは世界の生産状況に目を向け、在庫が大きく縮小する可能性は低いと指摘している。中でも中国で生産量が高水準にあるという。個別ではUCルサール(00486)、中国アルミ(02600)の株価の先行きに対して中立的な見方を継続した。

銅については中国国内での供給不足と輸入依存を指摘。国内の精錬銅の供給不足量が2012-15年に180万-200万トンの水準で推移する見通しを示した。中国国内では銅消費の40%を電力セクターが占めるが、中国政府は第12次5カ年計画(2011-15年)の下、電力セクターに対して向こう10年で11兆1000億元を投資する方針。電力セクターが銅需要の牽引役の一つとなる見通しという。LMEの銅在庫はおよそ4日分と、過去5年間の平均値6-8日を下回る水準。個別では江西銅業(00358)に対して中立的、五鉱資源(01208)およびCSTマイニング(00985)に対しては強気の見方を明らかにしている。

一方、鉄鉱石価格に関しては中国の輸入依存度の高さから、下値余地は限定的との見方。中国では鉄鋼業界で供給過剰が続く半面、鉄鉱石の国内自給率は低い。BOCIは鉄鉱石のグレードの低下や生産コストの増大を国内生産者の懸念材料としながらも、IRC(01029)の株価の先行きに強気の見通しを示した。

金セクターについてはヒストリカル水準に対する相対的な値ごろ感を指摘。さらに現在株価が2012年予想PER9.5倍と、海外同業銘柄の12倍を下回る水準にあるとした。個別では紫金鉱業集団(02899)や招金鉱業(01818)、国際資源集団(01051)の株価の先行きに対して強気見通しを示し、中国黄金国際(02099)については中立的な見方を明らかにしている。

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国金属セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国金属セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。