facebook twitter
【初心者向けコラム】PERの基本的な意味と使い方を知ろう
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

【初心者向けコラム】PERの基本的な意味と使い方を知ろう

2012/11/29
今回は、バリエーション指標(株価が割安か割高かを判断するための指標)のうち最も代表的なPERについて、基本的な意味や上手な使い方を解説したいと思います。
facebook twitter メールで送る 印刷

実はとっても奥が深い指標「PER」

今回は、バリエーション指標(株価が割安か割高かを判断するための指標)のうち最も代表的なPERについて、基本的な意味や上手な使い方を解説したいと思います。

PERという指標は大変ポピュラーなものであるにもかかわらず、実はとても奥が深いものです。そのため、PERを投資判断の基準として実際に投資してみても、うまくいかないことが少なくありません。

そこで今回のコラムでは、PERで失敗しないためのコツも合わせてご紹介したいと思います。

PERの求め方

PER(ピーイーアール)は、日本語では「株価収益率」とも呼ばれ、株価が予想1株当たり当期純利益の何倍の水準まで買われているかを表すものです。

PERは以下の式で計算することができます。

PER (単位:倍) = 株価 ÷ (予想) 1株当たり当期純利益

例えば、株価800円、当期の予想1株当たり当期純利益が80円のA社であれば、PERは 800円÷80円=10倍、と計算されます。

一般に、PERの適正値は15倍~20倍程度、これより低ければ低いほど株価が割安で、逆に高ければ高いほど株価は割高、とされます。

「PER10倍」の意味するものは

PERを使う前に、PERが示す数値がいったい何を意味するのか、理解しておく必要があります。

上で計算例として挙げた「株価800円、予想1株当たり当期純利益80円、PER10倍」のA社のケースで考えてみましょう。A社は毎年1株当たり20円の配当金を出しているとします。

株式会社は株主が所有するものです。そして、収益から費用や税金を差し引いた最終的な利益である「当期純利益」は全て株主のものです。

A社のケースでは、この当期純利益80円のうち20円は配当金として実際に株主の手元に入り、残りの60円は利益剰余金として企業に蓄積され、純資産の増加要因となります。純資産が増加すれば、当然1株当たり純資産も増加しますので、ストック(貸借対照表)の面からみた企業価値は上がります。

上記のPER10倍というのは、仮に当期の予想1株当たり当期純利益80円の水準が今後も続けば、配当金(20円×10年=200円)や1株当たり純資産の増加(60円×10年=600円)により、投資した800円を10年間で回収することができる、という意味です。

つまりPERは、「その企業に投資した資金を回収するために要する年数」のことなのです。

同じお金を投資するのであれば、回収するまでの期間が短い方が有利に決まっています。ですからPERが低い方が株価が割安、高ければ株価は割高、と考えることができます。

原則は「低PERなら割安」だが…

ここまでは、PERの基本的な意味、いわば教科書的な説明なのですが、いざ実践となると「それならPERが低い銘柄を買えばよいのね」とはいかないのが株式投資の難しく、そして面白いところです。

低PER=割安、高PER=割高と単純に判定できない最大の理由は、PERの計算式をよくみると分かります。計算式の分母の「予想1株当たり当期純利益」は、当期の予想値を使います。つまり、PERは、「当期予想と同じ水準の1株当たり当期純利益が今後もずっと続いた場合」という前提のもとの数値なのです。

ところが実際は5年も10年も当期純利益が同水準という企業はごく少数です。景気や為替、商品市況などで業績が大きく変動するような業種(代表的なものに商社)は、将来の業績の不確実性からPERは慢性的に低くなりがちです。PERが1ケタ台と表面的には割安に思えても、そこから株価がさらに半値以下になることもあるのです。

一方、増収増益が続き、今後も利益の増加が大いに期待できるような成長性の高い企業であれば、3年後、5年後の1株当たり当期純利益は当期より大きく増加しているでしょうから、当期の予想純利益で計算したPERが30倍、40倍というように多少高くなろうとも、まだまだ割安と評価され、株価が上昇を続けることも珍しくありません。

株式投資の実践でPERをどのように活用していけばよいかについては、別の回にてご説明したいと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【初心者向けコラム】PERの基本的な意味と使い方を知ろう

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【初心者向けコラム】PERの基本的な意味と使い方を知ろう

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。