お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
低PERなのに株価が下がる?株価低迷時のバリュエーション指標の活用法
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

低PERなのに株価が下がる?株価低迷時のバリュエーション指標の活用法

2012/9/13
株式投資における代表的なバリュエーション指標として「PER」「PBR」「配当利回り」の3つが挙げられます。この3つの指標を使えば、現状の株価が割安かどうか判断することができます。
facebook twitter 印刷する

バリュエーション指標では割安を示唆している日本株だが…

株式投資における代表的なバリュエーション指標として「PER」「PBR」「配当利回り」の3つが挙げられます。

この3つの指標を使えば、現状の株価が割安かどうか判断することができます。

しかし株価が長期間低迷する中、明らかに株価が割安な水準にまで下がっていても一向に株価が反発せず、逆にずるずると下がり続けてしまう、といった現象が多くみられます。

そこで今回は、株価調整局面において3つのバリュエーション指標をどのように活用していけばよいのかを考えてみたいと思います。

各バリュエーション指標の意味

PERやPBRの基本的な使い方や注意点は別の回にてご説明することとします(配当利回りについては第141回コラムをご覧ください)が、3つの指標の意味を簡単に表すと次の通りです。

PER
(株価÷1株当たり予想純利益)
株価が当期の予想1株当たり純利益の何倍であるかを表す。この数値が小さいほど株価が割安とされる。
PBR
(株価÷1株当たり純資産)
株価が1株当たり純資産の何倍であるかを表す。この数値が小さいほど株価が割安とされる。
配当利回り
(1株当たり予想配当金÷株価)
当期の予想1株当たり配当金が株価に対して何%であるかを表す。この数値が大きいほど株価が割安とされる。

筆者の感覚では、さすがにこの株価は割安と感じる水準はPERなら10倍以下、PBRなら0.5倍以下、配当利回りなら4%以上です。

ところが、今はPERが5倍以下、PBRが0.3倍以下という銘柄がゴロゴロしています。配当利回りも、5%台、6%台といった銘柄が出現しています。

割安な株価の是正は全体相場の上昇が不可欠

2003年から2005年にかけての日本株上昇相場では、明らかに割安に放置されていた銘柄の水準訂正が起こりました。その間の景気回復による業績の改善も相俟って、PBR0.2倍だった銘柄がPBR1倍になったり、PER2倍だった銘柄がPER10倍になるなど、株価が割安だったほぼ全ての銘柄の株価が大きく上昇しました。株価が安値から5倍、10倍に上昇するのは当たり前、新興市場銘柄に至っては50倍、100倍の上昇をみせるものもありました。

しかし、この本格的な株価上昇を見せる前は、いくら割安株といえども何年も株価は低迷していたのです。ちょうど今と同じような感じでしょうか。

割安株の水準是正には、どうしても全体相場の上昇が不可欠です。今のように買い手不在の相場では、いくら割安株であっても株価を買い上げていくような新規の投資資金が入ってこないためどうしても上昇できないのです。

来るべきチャンスに備え割安株のピックアップと定期的なウォッチを

株価が割安だからただちに株価が上昇するわけではありません。逆に需給関係のよくないときは、割安な水準からさらに株価が下がってしまうこともよくあります。特に、現在のように買い手不在の中では、割安・割高関係なく保有株自体を売らなければならない投資家の存在(今でいえば公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の売り)が大きな株価下落圧力となってしまいます。

よって、PER、PBR、配当利回りで割安な銘柄を見つけても、飛びついて買うのではなく、株価の動きをよく観察し、少なくとも日足チャートベースで株価が上昇トレンドにあることを確認できた段階で新規買いするとよいでしょう。

ちなみに、GPIFが株をあまり保有していないと思われる小型株や新興市場銘柄の中には、すでに株価が上昇に転じ、割安是正の動きをみせはじめている銘柄も少なくありません。

筆者はPER、PBR、配当利回りなどから株価が明らかに割安と思われる銘柄を100銘柄程度ピックアップし、毎日株価の動きをウォッチしています。皆さんも、やがて来るチャンスに備えて準備だけは怠らないようにしておきましょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください低PERなのに株価が下がる?株価低迷時のバリュエーション指標の活用法

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

低PERなのに株価が下がる?株価低迷時のバリュエーション指標の活用法

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。