facebook twitter
下落相場と上昇相場でのポジション管理・資金配分を考える
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

下落相場と上昇相場でのポジション管理・資金配分を考える

2012/6/14
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

相場環境に応じたポジション管理が日本株には必要

先週は10週ぶりに陽線を引いてやっと下げ止まりの兆しもみえてきたとはいえ、日経平均株価やTOPIXといった株価指数は下降トレンドが続いています。

バブル崩壊を境に右肩上がりの長期的上昇が終焉している日本株においては、いつでも強気で全力買い、というわけにはいきません。相場全般が上昇相場か下落相場かによって、とるべきポジションの大きさや投入する資金量も変えていく必要があります。

永遠に株価が下落を続けることはなく、やがて下落相場から上昇相場に転じることになるでしょうから、その過程においてのポジション管理について今回は考えてみたいと思います。

「下降→上昇」へ転換する銘柄の増加がポジション拡大のサイン

個別銘柄のトレンドは以下の4パターンに分類することができます。

  1. 上昇トレンドが継続している
  2. 上昇トレンドから下降トレンドに転換した
  3. 下降トレンドが継続している
  4. 下降トレンドから上昇トレンドに転換した

日経平均株価が上昇トレンドにあるときは、①の個別銘柄が大部分となっています。その後、日経平均株価が上昇から下落に転じると、①の銘柄は減少し、②の状態を経て③に至る銘柄が増えていきます。日経平均株価の下降トレンドが進展するにつれ、さらに①の銘柄は減少して、③の銘柄が大部分となります(これが現段階)。

しかし、下落相場終盤になると、個別銘柄の中から底打ちする銘柄、つまり④の銘柄が現れ始めます。④の銘柄や、④を経て①に至る銘柄が増加するにつれ、やがては日経平均株価も上昇トレンドに転換していきます。このような状況になれば、徐々に強気のスタンスとしていけばよいでしょう。

④の銘柄は新規買いの対象となる銘柄ですから、こうした銘柄が徐々に増えることにより自然に株式への投資資金割合も増加していくことになります。

上昇トレンド銘柄の増減に応じて株式への投資資金も変動させる

相場環境に応じて株式への投資資金を変化させていくことについては、次のような例をイメージしていただければ分かりやすいと思います。

投資対象とする銘柄を20銘柄選定したとします。万が一の事態に備え、投資可能資金の20%は常にキャッシュで保有しておくこととし、この20銘柄に投資可能資金の残り80%を4%ずつ均等に配分して投資することにします。

日本株全般が上昇相場で、上記20銘柄も全て上昇トレンドであるならば、全て買いとなるため、株式への投資割合はマックスの80%となります。

その後、日経平均株価の上昇が止まり、上記20銘柄の個別銘柄のうち5銘柄が下降トレンドに転換したら、それらは売却します。その結果株式投資割合は60%に減少します。

さらに日経平均株価の下降トレンドが続き、個別銘柄も20銘柄のうち15銘柄が下降トレンドとなれば、保有するのは残り5銘柄のみとなり、株式投資割合も20%に減少します。

やがて日経平均株価が下落から上昇へ転じ、上昇トレンドに転換した銘柄が増加して20銘柄中10銘柄となれば株式投資割合は40%に増加し、さらに15銘柄に増えれば株式投資割合も60%に増加します。

このように、上昇トレンド=買い・保有、下降トレンド=売り・非保有として、上昇トレンドにある個別銘柄の割合に応じてポジション調整していくのが大まかなイメージです。

上昇トレンドの銘柄が少ないうちはあまり無理しない

ここで注意したいのは、上記のように上昇トレンドを維持しているのが20銘柄中5銘柄に減少したとき、株式投資割合を20%ではなく60%とか80%にすべきではない、つまり下降トレンド転換により売却してキャッシュ化した資金を、上昇トレンドが維持されている残り5銘柄に集中させて投資することはあまりするべきではないという点です。

日本株全体の下落が進むと、それまで上昇トレンドを維持していた個別銘柄であっても突然急落し、下降トレンドに転じてしまうことがあります。もしそうなれば、売却・損切りの実行が必要になります。投資資金を20%に抑えているときと80%投入しているときとでは、損切りした際の実現損の金額も後者の方が大きくなってしまいます。

全体が下落相場のときは、無理にリスクを取りに行く必要はありません。上昇トレンドの銘柄を少量持つにとどめましょう。全体が上昇相場に転じるまで、キャッシュポジションを100%近くに高めておいてもよいくらいです。

あくまでも日経平均株価より個別銘柄の動きを優先

上記は、日経平均株価のトレンドと個別銘柄のトレンドが概ね一致していることを前提に説明しています。ほとんどの場合は、日経平均株価が上昇トレンドになれば個別銘柄も大部分が上昇トレンドとなり、逆に日経平均株価が下降トレンドとなれば大部分の個別銘柄も下降トレンドになるからです。

ただ、時折日経平均株価のトレンドと多くの個別銘柄のトレンドが一致しなくなることがあります。このときは個別銘柄の動きを優先させるようにし、例えば日経平均株価のトレンドは上昇トレンドのままだが個別銘柄の多くは下降トレンドに転換してきた、という場合は株式に投入する資金を減らしていき、守りの体制を整えるようにします。逆に、日経平均株価のトレンドが下降トレンドにもかかわらず多くの個別銘柄が上昇トレンドに転換してきたならば、株式投入する資金を徐々に増やし、強気に傾けていってよいでしょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください下落相場と上昇相場でのポジション管理・資金配分を考える

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

下落相場と上昇相場でのポジション管理・資金配分を考える

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。