facebook twitter
信用取引(信用買い)で失敗しないための3つの鉄則とは?
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

信用取引(信用買い)で失敗しないための3つの鉄則とは?

2010/3/18
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

信用取引で絶対に避けるべきは「追証」

信用取引は、一般に最高で保証金の約3倍のレバレッジをかけることができるため、失敗すると最悪の場合資金をすべて失いかねません。そのような事態は絶対に避けなければいけません。
ただ、通常は保証金の全額を失う前に、警告が発せられます。「追証」(おいしょう。追加保証金差し入れ義務)と呼ばれるものです。
差し入れている保証金から、信用取引による含み損を差し引いた額が、信用取引総額の20%未満になると、翌々日の正午までに不足する保証金を追加で差し入れる必要があります(楽天証券の場合)。これが追証の制度です。もし、追加保証金を期日までに差し入れなければ証券会社が強制的に決済をして信用取引を終了させます。
追加で保証金を差し入れれば、強制決済は免れます。しかし、追証が発生したということは、その信用取引が失敗だったことを意味します。さらに株価が下がれば、再び追証が発生してしまいます。負け戦をいつまでも引き延ばせば、傷がどんどん深くなるばかりです。勇気ある撤退も時には必要です。
追証の発生は、信用取引による失敗の典型例です。したがって、追証を発生させないためにはどうすればよいかを考えれば、おのずと信用取引で失敗しないための重要な点が浮かび上がってきます。

信用取引(信用買い)で必ず守るべき3つの鉄則

信用取引で「追証」を引き起こさないために、以下の3つを必ず守るようにしましょう。

その1:逆張りをしない

信用取引は6ケ月という期日があります。6カ月が経過すれば、いくら含み損を抱えていようと決済しなければなりません。このことから、信用取引は短期決戦とすべきであり、そのためには上昇トレンドにある銘柄へ投資する「順張り」が鉄則となります。株価が下降トレンドにある銘柄を信用買いするような「逆張り」は厳禁です。
現物取引であれば、保有株が多少含み損を抱えても、持ち続ければ時間が解決してくれることもあるでしょう。しかし、期間に制限のある信用取引では、時間を味方にすることはできません。
下降トレンド途中の銘柄に信用買いをすれば、下手をすると含み損の拡大で追証発生、という事態にもなりかねません。したがって、近い将来に株価が上昇する可能性の高い上昇トレンドにある銘柄を信用買いすることが重要なのです。
また、信用取引ではナンピン買いは厳禁です。ナンピン買いはまさに「逆張り」の典型例です。ナンピン買いをした後にさらに株価が下がれば、追証の危険はさらに高まってしまいます。

その2:損切りを遵守する

追証の原因は、つきつめれば含み損が拡大することにあります。したがって、含み損をいたずらに拡大させないために、損切りの確実な実行が求められます。
現物取引であれば、買った株が大きく値下がりしても、塩漬け覚悟で持ち続けることもできます(筆者は推奨しませんが)。しかし、信用取引で買い建てた株が大きく値下がりした場合は、含み損が拡大し、追証が発生してしまうことも大いにあります。その場合、追加で保証金を差し入れなければ強制決済されてしまい、持ち続けたくても持ち続けられないのです。
追証を避けるためには、早めの損切りが鉄則です。そうすれば、追証に陥ったときよりもはるかに浅い傷で済みます。

その3:取引枠いっぱいに信用取引をしない

信用取引は最大で約3倍のレバレッジをかけることができます。レバレッジを高くすれば、成功したときの利益も大きい反面、逆に損失も大きくなる危険があります。
取引枠いっぱい、つまり保証金の3倍の金額まで信用取引をした場合、株価が買値より約13%下がっただけで追証が発生してしまいます。
しかし、信用取引の総額を保証金と同額にとどめておけば、買値より80%超の株価下落でなければ追証が生じることはありません。つまり、レバレッジを低く抑えることで、追証を防ぐことができるのです。
もちろん、買い値より大きく値下がりする前に、第2の鉄則である損切りを実行すべきなのはいうまでもありません。

信用取引で大きく失敗するのは、取引枠いっぱいまで信用取引を行い身の丈を超えた大勝負をして、かつ損切りをはじめとした適切な対処を取らなかった場合です。
したがって、信用取引をはじめるときは、無理のない範囲で行うことをお勧めします。その上で、信用取引に慣れてきてリスク管理を万全に取ることができるようになってから、だんだんと取引規模を拡大していけばよいでしょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください信用取引(信用買い)で失敗しないための3つの鉄則とは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

信用取引(信用買い)で失敗しないための3つの鉄則とは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。