お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
【FXデイリーチャート3月23日】米ドル円、82円台突入。調整局面継続か
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

【FXデイリーチャート3月23日】米ドル円、82円台突入。調整局面継続か

2012/3/23
経済、金融、投資分野の著名な方々から提供いただいたレポートや、当社独自のレポートを無料で公開。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter 印刷する

昨日の動向

3月22日 米ドル/円:[始値] 83.371 [高値] 83.464 [安値] 82.321 [終値] 82.535 ※数値はBID値です。
ユーロ/円:[始値] 110.138 [高値] 110.450 [安値] 108.471 [終値] 108.937 ※数値はBID値です。
豪ドル/円:[始値] 87.175 [高値] 87.383 [安値] 85.369 [終値] 85.759 ※数値はBID値です。

3月22日の外為市場は、2月の日本の貿易収支の黒字転換、中国、欧州のPMI指数の悪化を嫌気した、リスクオフが加速、中国経済に左右されやすい豪ドル、ユーロが売られ、円、米ドル買い、株安の展開となりました。

東京時間は2月の日本の貿易収支の改善、中国PMI指数の悪化を受けて、円買いとなるものの、米ドル円は83円を割り込むことなく83円前半で推移。豪ドル/円も短期サポートレベルである86.40-50はサポートされ、直近の安値圏で推移しました。

欧米時間は、欧州PMI指数の悪化でさらに円買いが進み、米ドル/円は82.50手前まで下落、しかし米新規失業申請件数が予想を上回る数字に、ショートカバーが入り83.178まで買い戻されましたが、米住宅価格指数が予想を下回る数字で、再度円買いが進み、米ドル/円は82.50のサポートを割り込み82.321まで下落、ユーロ/円は108.471、豪ドル/円も85.369まで下落し、ほぼ安値圏でクローズしました。

米ドル/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

本日の展望

【米ドル/円】戻りは鈍い展開
昨日米ドルは、ユーロ圏の債務問題悪化と米指標の強い結果から、円を除く主要通貨に対して買われる展開となっています。円に関しては、本邦貿易収支の黒字化とクロス円を中心とした円買い圧力で、米ドル/円でも買われやすい展開となり、82円台まで下落となりました。昨日の安値付近である、82円40銭レベルは、80円半ばから84円20銭付近まで上昇してきた流れに対し半値戻しの水準にあたり、テクニカル的な下げ一服感は出ているものの、引き続きクロス円主導による下落リスクが続く展開が予想されます。本日は、N.Y.時間に2月の新築住宅販売とバーナンキFRB議長によるスピーチが予定されており、追加緩和への思惑も含めドル安リスクによる一層の下落も予想されます。そのためたとえ戻り基調となったとしても、上値の重い展開となりそうです。
目先レジスタンス 83.00 83.50 レベル
目先サポート 82.30レベル
想定レンジ 81.90-83.20

【ユーロ/円】上値の重い展開が継続
昨日は、中国のHSBC製造業PMIが、48.1と前月に比べて悪い結果となったことで、豪ドルなどの高金利通貨が下落。それに連れられる形でユーロにも売り圧力がかかりました。ユーロ円は一時108円台まで下落しました。この水準は、時間足チャートでみると、3月7日の安値レベル105円半ば付近から21日の高値111円40銭レベルまでの上昇に対し、ちょうど50%ほどの下落幅となり、調整レベルの達成感から一応の下げ止まり感が出たところと思われます。一方短期的には上昇トレンドが終焉し上値の重い状態が続いており、戻りは鈍いものと思われます。従って、下値108円50銭水準を割り込んでくるようだと、一層の下落リスクもある状況も考えられます。
目先のレジスタンス 109.60レベル
サポート 108.50、107.80レベル
想定レンジ 108.00-109.60

【豪ドル/円】売られすぎ感からの反発に期待
豪ドル円は昨日、中国HSBC製造業の悪化を発端とした売り圧力で、2円以上の下落となりました。3月7日から20日までの上昇幅に対する下落率は8割にまでおよび調整から一気に下落トレンドへの転換が見られた日となりました。また欧州不安を背景とした他クロス円の軟調ぶりも重なり、豪ドル円には上値が極めて重い展開が予想されます。当面は投機筋など円売りポジションの解消と国内投資家の安値拾いとの攻防となり、円ショートカバーに一服感が出れば、下落基調終焉の可能性も予想されます。下値警戒レベルは85円50銭を割り込んだ水準。ここまで下げた場合は一層の下落もありそうですが、現状は自律的な反発に終始する展開となりそうです。
目先レジスタンス 86.40-50(直近高値レベル)
目先サポート 85.40
想定レンジ 84.80-87.10

テクニカル

【米ドル/円】
レジスタンス:82.70-75 83.45-50
サポート:82.30-35

【ユーロ/円】
レジスタンス:109.55-60 110.40-45
サポート:108.85-90 108.45-50

【豪ドル/円】
レジスタンス:86.35-40 87.30-35
サポート:85.35-40

下記各5分足チャートは、当日 09:30 現在のものです。
コメント欄の語句について R=上値抵抗線 S=下値支持線

チャート1:米ドル/円 5分足チャート

チャート2:ユーロ/円 5分足チャート

チャート3:豪ドル/円 5分足チャート

本日の主な指標

注目度 発表時間 指標 予想 前回
20:00 (加)消費者物価指数-2月 2.7% 2.5%
★★★ 23:00 (米)新築住宅販売件数-2月 32.5万件 32.1万件
  • 発表時間はいずれも東京時間
  • 注目度は★低~★★★高で示します

経済指標はこちら

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【FXデイリーチャート3月23日】米ドル円、82円台突入。調整局面継続か

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【FXデイリーチャート3月23日】米ドル円、82円台突入。調整局面継続か

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。