お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
【FXデイリーチャート3月12日】米雇用統計の好結果を背景に米ドル急上昇
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

【FXデイリーチャート3月12日】米雇用統計の好結果を背景に米ドル急上昇

2012/3/12
経済、金融、投資分野の著名な方々から提供いただいたレポートや、当社独自のレポートを無料で公開。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

昨日までの動向

3月9日 米ドル/円:[始値] 81.573[高値] 82.634[安値] 81.461[終値] 82.421 ※数値はBID値です。

3月9日米ドル/円は、陽線引けとなりました。
東京市場は米雇用統計を控え終始小動きに展開の中、上値トライの感はありましたが、前回の高値圏レベルの81.884レベルで抑えられ、その後は81.461レベルを下値に、81円後半で推移しました。

欧米市場では、米雇用統計が発表され、失業率8.3%と横ばいだったものの、NFP(非農業者部門雇用者数)が22.7万人と予想をやや上回り、また、前回のNFPも+4.1万人修正され総じて良好の内容となりドル全面高、米ドル/円は82.634 レベルまで上昇、この米雇用統計の好結果から、QE3観測が後退し、ドルは下がりにくい展開となりました。
ユーロも、ギリシャ政府が集団行動条項(CAC)の発動を閣議了承したことで、ISDA判定委員が、ギリシャの債務交換をクレジットイベントと判断、格付け会社フィッチもギリシャの格付けを一部債務不履行に引き下げたことで、ユーロドルは1.30962レベルまで下落しました。

米ドル/円 直近の値動きと主なイベント

東京市場概況

【米ドル/円】
米雇用統計を控え終始小動きするものの、前回の高値を試すなど、やや上値トライ感の取引に終始しました。

欧米市場概況

【米ドル/円】
2月の米雇用統計の好結果により、5月26日以来の82円台を突破し、82.634レベルまで上昇しました。
失業率は8.3%と予想通りの結果ではありましたが、非農業者部門雇用者数が22.7万人とやや予想を上回ったことや、12月、1月のNFPもそれぞれ、+2万人、+4.1万人と上方修正され、ドル買いに拍車がかかり、82円台を割ることなく、82.421レベルでクローズしました。

【ユーロ/円】
ユーロ/円は、陰線引けとなりました。
ギリシャの債務問題や格下げなどでユーロ売りとなり、ユーロ円は107.675レベルまで下落しました。加えて2月の米雇用統計の結果から、米ドル買いとなりユーロドルが1.30962レベルまで下落したものの、米ドル/円の上昇に連れて、ユーロ/円108円台に回復し、その後は、終始小動きとなり、108.139レベルでクローズしました。

【豪ドル/円】
豪ドル/円は、陽線引けとなりました。
東京時間に、1月の豪貿易収支が発表され、予想を下回る数字に、またギリシャ問題でも豪ドル売りに拍車がかかるも、86.50レベルでサポートされ、米雇用統計での好結果に87.590レベルまで上昇、その後は利益確定と米ドル買い圧力に豪ドル売りとなり、87.155レベルでクローズしました。

本日の展望

【米ドル/円】海外利食い売り本邦買い

先週金曜日の雇用統計22万7,000人の増加と言う結果を受け、現在も素直に推移しております。
FRBによる追加金融緩和が遠のいた見方が広がっており、ドルを押し上げています。
本邦勢は買いを継続している形になり82円台をキープしながら上を狙う動きと見られています。
一方、海外勢は上げた所に利食い売りを行う動きが見られており、本日は一旦利食いが先行しそうな構図です。
仮に82円を割り込めば81.80近辺まで下落が見られそうです。
目先のレジスタンスは82.60-65(雇用統計発表後の高値)
サポートは82.15、81.80(それぞれ金曜日の上昇の半値、全戻し)
想定レンジ 81.20-82.60

米ドル/円 日足チャート

【ユーロ/円】先週末マクロ系ファンド大量ユーロ売りの影響

先週末に出ていたマクロ系ファンドのユーロ売りは現在落ち着いていますが、ユーロ円は弱含みで推移しています。
ギリシャは債務交換の参加率が85.8%になったと発表し、更にCACが適用されれば参加率が95.7%に達すると見られていますが、実際額は低くなる公算で、今後もまだ不安材料が続きそうです。
107.50を割り込む形になれば、107.10(108.635から50%)まで下落する可能性があります。
目先のレジスタンス108.70(3月9日高値レベル)
サポート107.60(昨夜の安値)107.10(3/9からの上昇の半値)

ユーロ/円 日足チャート

【豪ドル/円】

ファンダメンタルでは豪ドルは売り材料が優勢で、ドルにも買い圧力が強まっているため、目先上値が重い展開となりそうです。
本日はイベント終了後の調整局面が予想されることと、オーストラリアリスク選考主体の買いも少なく、売り優勢の展開となりそうです。
レジスタンス87.50(3月9日高値)
サポート86.50 86.00 以後50pt刻み

豪ドル/円 日足チャート

ユーロ/ドル 週足チャート ・日足チャート

本日の主な指標

<欧米市場>
【注目度☆☆☆】 東京時間22:30 (米)貿易収支 -1月  予想 -490億ドル  前回 -488億ドル
【注目度☆☆☆】 東京時間22:30 (米)失業率 -2月  予想 8.3%  前回 8.3%
【注目度☆☆☆】 東京時間22:30 (米)非農業部門雇用者数変化 -2月  予想 21.0万人  前回 24.3万人

※注目度は☆☆☆が高 ☆☆は中を示します。

 

参考 一目均衡表の見方については下記をご参照ください。
楽天FXビギナーズガイド

当レポート掲載時間:当日13時頃~翌日正午12時頃まで、当日最新版は13時頃に更新いたします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【FXデイリーチャート3月12日】米雇用統計の好結果を背景に米ドル急上昇

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【FXデイリーチャート3月12日】米雇用統計の好結果を背景に米ドル急上昇

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。