facebook twitter
株式ポートフォリオ運用におけるアマ・プロ3つの「悪い癖」
山崎 元
ホンネの投資教室
楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元の提供レポートです。経済やマーケット、株式投資、資産運用のノウハウと考え方など幅広い情報提供をおこなってまいります。資産運用の参考にお役立てく…

株式ポートフォリオ運用におけるアマ・プロ3つの「悪い癖」

2011/7/1
楽天証券経済研究所客員研究員として活躍する経済評論家・山崎元による「ホンネの投資教室」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

ポートフォリオ運用の「心」

複数の資産に分散投資した状態を総称して「ポートフォリオ」と呼ぶことは、多くの読者がご存じだろう。ポートフォリオはもともとフランス語で、紙を挟んだファイルのことを指す。かつてパリの株式市場の参加者が有価証券を何枚も挟んで持ち歩く様子から、複数の有価証券を保有した状態をこう呼ぶようになったらしい。現在でも、デザイナーが作品を持ち歩く際に、絵をまとめたものをポートフォリオと呼ぶような使い方がある。

資産運用を語るに当たってはなしに済ませようとすると不都合な言葉だが、単行本や雑誌の原稿では、初心者読者向けの文章では、ポートフォリオという言葉を使うと、「読者に難しい印象を与える」という理由で、編集者が難色を示すことが多い。

そういう意味では、今回の拙文は、ある程度投資に慣れた読者、主に個別株での運用経験のある読者に向けた内容だ。

たとえば株式をポートフォリオとして運用する場合(本質的には、以下の内容は株式の運用でなくても同じだ)、その中心的な思想というか「心」は、「先のことは不確実だ」という認識の徹底にある。

先のことが確実に分かるなら、あるいは結果で論じていいなら、ポートフォリオを組む必要などない。将来が、不確実だからこそ、「ポートフォリオとして」運用を考えるのだ。

この場合、良いポートフォリオとは、「事前にあってベストだと想定されるポートフォリオ」のことであり、ファンドマネージャーの仕事は、継続的にこれを維持し続けることだと言い切ることができる。

現実の投資家にとっては事後的な結果がいいのが一番だが、運用そのものを論じる場合には、「事前にあってベストかどうか」という観点から論じるべきだ。たとえば、「私はこれで儲けた」と言い張って、セオリーから外れた運用方法を弁護しようとする輩が時にいるが、この種の「悪しき結果主義者」には注意が必要だ。

ポートフォリオ運用の基本原則

ポートフォリオ運用の基本的な原則は、リスクをどう測るかについて合意できるとすれば、ポートフォリオのリスクと期待リターンの最適な組み合わせを達成し維持することだ。

この場合、
(1)同じリスクなら期待リターンが高い方がいいし、
(2)同じ期待リターンならリスクはより小さい方がいい。

期待リターンを下げずにリスクを低下させる上で、あるいはリスク当たりの追加的な期待リターンの効率を最大化するために、有効な方法が分散投資だ。

プロのファンドマネージャーはもちろんのこと、アマチュアの投資家でも、分散投資が有効であるという知識は持ち合わせているし、運用に敏感な方の多くは、その有効性を「実感」もしていることだろう。

また、運用にあたって取引手数料のような「コスト」はマイナスのリターンに直結する敵であり、ポートフォリオの改善が得られない行動に対してコストを支払うことは、運用上、大きな不利であり、愚かな行動だ。

素人・プロの「悪癖」三つ

しかし、人間は自信過剰に陥ったり、忘れたり、曲解したり、恐怖に過剰反応したりしやすい生き物であり、素人もプロも、しばしばこうした原則から逸脱する。原則からの逸脱に至り、ひいてはポートフォリオを悪化させる典型的な「悪癖」を素人、プロそれぞれの投資家について、三つずつ挙げると以下の通りだ。

  • 「素人投資家、三つの悪癖」
    • 自分の買値にこだわる
    • 分散投資を軽視する
    • チャートに頼った判断
  • 「プロの投資家、三つの悪癖」
    • 自分の買値にこだわる
    • 分散投資を軽視する
    • 他人の運用の影響を受け過ぎ

三つの悪癖のうち二つは、プロ・アマ共通だ。意外に思われる方もいるかも知れないが、共に人間が運用しているのだし、プロの方が優れた成績をあげていると言える明確な根拠はないし、よく考えると、さしたる違和感はない。

しかし、共通な二つの欠点の表れ方は少し違うかも知れない。

素人投資家の場合、買値へのこだわりは、第一に、自分の買値よりも低い株価で「売れない」と感じて損切りが遅れる現象に表れているようだし、第二に「儲かっている銘柄はいい銘柄だ」と感じて、自分が直近に利益を出している銘柄への過剰な信頼(集中投資につながる)をもたらしているようだ。

プロの場合も、同様な傾向があるように思うが、これに加えて、運用する資金の会計ルールが影響することが多い。たとえば、「簿価」よりも低い株価で持ち株売却すると売却損が出るので、これを忌避しようとすることがある、といった表れ方だ。

分散投資の効果を軽視して保有銘柄に関して集中投資を加速してしまう悪癖については、アマチュアは自分が儲けている銘柄に資金を集中させたり、逆に損している銘柄の平均買いコストを下げようとして「買い下がり」を行ったり、といった自分の買値に拘ることに伴う集中投資に至ることが多い。一方、プロの運用者は、これらの傾向に加えて、ビジネス上自らの運用能力を誇示するために集中投資的なポートフォリオを作ることがある。

プロはアマチュアよりも分散投資の効果を知っている場合が多いが、それでも、アマチュアと同様に、自分が儲けている銘柄に投資を集中させたり、買値よりも値下がりして損が出ている銘柄の平均買いコストを下げようとして買い増しを行ったりするケースは少なくない。

また、アマ・プロ共に自分の買値への拘りは影響が大きく、行動経済学の「プロスペクト理論」が示唆するような行動の非合理的な歪みの傾向は軽視できない。

アマ・プロそれぞれ、三番目の悪癖については、内容そのものが異なるようだ。

プロの世界ではさすがにチャート分析はまともな分析方法として相手にされない(顧客が認めない)のに対して、アマチュアの世界では、まだ少なからずチャートを頼る投資家がいる。弊害は、リターンを改善しないのに、売買が増えて余計なコストが掛かる形で表れることが多い。

一方、プロの側では、相対競争がビジネス上重要であることの影響で、ライバルが持っている銘柄を自分もある程度持たなければならないと考えることがあったり、ベンチマークを過剰に意識したりすることがある。

もちろん、個々の運用者にとって、それが、ビジネスを考えた時の実質的なリスクである場合があるのだが、必要以上に他社を意識していたり、市場並みの業種ウェイトに影響されていたりすることがある。独自の判断でリスクとリターンを判断する能力には限界があるかも知れないが、相対競争への意識が、せっかくの情報や判断を殺して、ポートフォリオを安易なものにしている弊害があるように思う。

アマ・プロいずれも、自分の買値に拘らない投資判断が難しい。また、つい分散投資の原則の逆をやってしまったり、安易な投資判断に影響されたりすることがある。

持っている情報を最大限に生かしつつ、原則に従うポートフォリオを維持し続けることは、案外簡単ではない。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください株式ポートフォリオ運用におけるアマ・プロ3つの「悪い癖」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

株式ポートフォリオ運用におけるアマ・プロ3つの「悪い癖」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。