気になるあの本をチェック!

投資初心者の大学生が伝説のファンドマネジャーに聞く 世界が大不況でも資産を増やせるって本当ですか?

 

答えてくれた人

ダイヤモンド社 書籍編集局第二編集部 田口 昌輝​さん

著者ってどんな人?

林則行(はやし・のりゆき)​さん
 世界最大の政府系ファンド、アラブ首長国連邦アブダビ投資庁の元ファンドマネジャー。当時、日本人で唯一、中東でオイルマネーを運用した投資のプロ。米国公認会計士。

 高校時代から相場に魅せられ、個人投資家として身銭が増減する悦び、つらさを痛感し、損の最小化が投資の核心であると考えるに至る。投資の本場、米国の達人たちの相場ノウハウ修得を目指して、コロンビア大学MBAに留学。ジム・ロジャーズから時代の読み方、大化け株発掘の極意を学ぶ。また、システムトレードの神様ラリー・ウィリアムズから、勘に頼らない、コンピュータによるデータ検証に基づく投資手法を修得。

 著書に『伝説のファンドマネージャーが教える株の公式』『伝説のファンドマネージャーが実践する株の絶対法則』(共にダイヤモンド社)、『金はこれから2倍になる』『伝説のファンドマネジャーが教える 図解 株の暴落サインを見抜く方法』(共に宝島社)などがある。

佐藤隆太郎(さとう・りゅうたろう)さん
 2000年生まれ。京都大学経済学部経済経営学科3回生。高校時代に塾の恩師からの勧めで投資に興味を持つ。大学に入学してから『伝説のファンドマネージャーが教える株の公式』を読み、明確かつ洗練された投資のルールに衝撃を受ける。

 林氏を師と仰ぎ、投資初心者の立場から「林則行さんファンクラブ」を立ち上げ、会員をはじめ、ひとりでも多くの人を経済危機から守るための活動を行っている。

どんな人にオススメ?

・戦争(ウクライナ情勢)やコロナ禍などで、これからの経済を不安に思っている人
・お金を増やしたい人(損をしたくない人も)
・株式投資などの資産運用に自信がない人
・円安や物価上昇で生活が苦しく感じている人

※経済について少しでも関心のある人はぜひ手に取ってみてください。

この本の、ここが読みどころ!

 106ページからの「これから起こる厳しいシナリオ」は必読です。株価はどうなるのか、物価はどこまで上がるのか、失業率はどうなるかなど、具体的な数値が示されています。衝撃的な内容です。

 また、173ページ以降に書かれている「預金、保険、証券(株式)、年金、現金」への影響もチェックしておくべきです。世界的な大不況が起きる中で、自分の資産を守るにはどうすればいいかが見えてきます。

 さらに先のページには、大不況の中で資産価値を上げていく投資先も書かれているので、ご自身の目で確かめてみてください。

 これらがバランスよくできないと、お金を貯めることも、増やすこともできません。
 しかし、それらは決して難しいものではないので、ぜひ本書を読んで1日1つずつ実践してください。

編集者の制作秘話

 今回の企画のお話をうかがったとき、これから起こる経済状況があまりに衝撃的だったので、読者に納得してもらえるかたちにできるのか少し不安でした(「はったりのように見られないか」と危惧したものです)。

 しかし、事前にいただいた数々の資料やデータを見ると、林さんの主張がとても納得できるもので、「これならいける!」と思うようになりました。

 そして、京都大学2回生(当時)の佐藤さんが聞き手役として絶妙な質問をしてくれたおかげで、経済に詳しくない人でも、すっと理解できる内容になっています。本書を読めば「経済音痴」という人はいなくなるのではないでしょうか。

 この本のすごいところは、何か疑問や質問があれば、著者に直接訪ねることができる点です。「あとがき」にその方法が書かれています。こんな素敵なサービスが付いている本はほかにないですよ。

本の中身をちょっと読む!

会話形式なので分かりやすい!
画像をクリックするとPDFが開きます。