※このレポートは、YouTube動画で視聴いただくこともできます。
著者の窪田真之が解説しています。以下のリンクよりご視聴ください。
PTS取引を使うメリット

 今日は「PTS取引」について解説します。PTS(私設取引システム)を使えば、夜間(17時~23時59分)も取引可能です。東京証券取引所があいている時間帯には、もっとも有利な価格で約定できる場所を自動選択する機能、「SOR有効」が利用できます。
少しでも高く売り、少しでも安く買う機会を逃さないようにしましょう。
楽天証券に口座を保有していれば、どなたでも夜間取引/PTS取引・SOR取引を利用できます。PTSで約定しても通常の売買手数料がかかるだけで追加の手数料はありません。

株式取引ができるのは証券取引所だけではない。PTSでも可能

「PTS」という言葉を聞いたことがありますか?「PTS」は、「Proprietary Trading System」(私設取引システム)の略称です。株式の取引は、東京証券取引所や名古屋証券取引所のような取引所だけでなく、PTSでもできます。

 日本で運営されているPTSは、以下の2つだけです。

◆ジャパンネクストPTS(JNX):SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営
◆チャイエックスPTS(Chi-X):チャイエックス・ジャパン株式会社が運営

 楽天証券では、上記2つのPTSどちらにも、取引を取り次ぐことができます。取引時間は、以下の通りです。

PTSの取引時間

◆ ジャパンネクスト

デイタイム 8時20分 ~ 16時
夜間取引  17時 ~ 23時59分

◆ チャイエックス

デイタイム 8時20分 ~ 16時

PTSでの信用取引

 東京証券取引所が開いている時間帯(9時~11時30分、12時30分~15時)は、株式現物取引だけでなく、信用取引もできます。

 ただし、日中の東京証券取引所が開いていない時間帯および夜間(17時~23時59分)は、株式現物取引だけとなり、信用取引はできません。信用取引を行うには、信用取引口座を開設する必要があります。