お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
第2回商品先物取引入門「商品先物取引のメリット①」
吉田 哲
商品先物取引入門講座
商品先物取引とはどんな取引なのでしょうか?なかなか取引を行うまでには至らない、ちょっとハードルが高い存在・・・と感じる方も多いと思います。このコラムでは、「そもそも商品先物取引と…

第2回商品先物取引入門「商品先物取引のメリット①」

2017/3/15
「商品先物取引」にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
facebook twitter メールで送る 印刷

「商品先物取引」にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

商品先物取引のルールを説明するには、例えば「銘柄(種類や数)」「限月(発会や納会)」「売り・買い(新規・決済)」「取引時間(日中取引・夜間取引・計算区域・大納会・大発会)」「証拠金(金額・レバレッジ)」などのさまざまな要素に触れていくことになります。

そこで今回は、これらのさまざまな要素の中から「証拠金」に着目し、その「証拠金」に関わる「メリット」について考えてみたいと思います。

商品先物取引における「証拠金」に関わるメリットは、「投資金が比較的少額である」「レバレッジが効いている」という点があげられると考えられます。

「投資金が比較的少額である」とはどのようなことなのでしょうか?最低単位(1枚)の取引を行うために必要な資金の額がどの程度なのか?ということです。以下は商品先物取引における主要銘柄と、同じ先物取引で証拠金取引である株価指数先物を比較したものです。

表:国内商品先物と株価指数先物の証拠金の額 (2017年3月14日時点)

銘柄 証拠金の額(1枚あたり)
国内商品先物 102,000 円
ゴールド100 10,200 円
白金 66,000 円
原油 145,000 円
ゴム 100,000 円
とうもろこし 45,000 円
株価指数先物 日経225先物 780,000 円
日経225ミニ 78,000 円
マザーズ先物 84,500 円

出所:各種データソースを元に筆者作成

国内商品先物の主力商品の一つである「金」の1枚あたりの証拠金の額は102,000円です(2017年3月14日現在)。これは日経225先物のおよそ7分の1、日経225先物ミニよりは若干高い水準であることが分かります。

また、近年人気の銘柄となってきている「ゴールドスポット100」(取引期限のない金の先物取引)においては10,200円であり、これは表中で最も少額であることが分かります。

国内商品先物取引は、株価指数先物と遜色ない少額の(銘柄によってはさらに少額の)証拠金で取引ができることが分かります。

次に、「レバレッジが効いている」についてですが、まずはレバレッジの計算をおさらいしてみたいと思います。レバレッジは、“てこの原理がどれだけ効いているか?”“資金効率の高さ”を表し、以下の式で求められます。

図:レバレッジの計算の仕方

出所:筆者作成

図:ゴールド100を1枚保有、ゴールド100の価格が4,300円の場合のレバレッジのイメージ

出所:筆者作成

この例は、430,000円相当のものを10,200円で動かしている、つまり、およそ42倍のレバレッジが効いた取引をしている、ということになります。

以下は2017年3月14日(火)時点での、レバレッジの比較です。

図:レバレッジ(参考)

銘柄 レバレッジ
国内商品先物 約 43 倍
ゴールド100 約 44 倍
白金 約 26 倍
原油 約 12 倍
ゴム 約 13 倍
とうもろこし 約 25 倍
株価指数先物 日経225先物 約 25 倍
日経225ミニ 約 25 倍
マザーズ先物 約 13 倍
FX取引 最大25倍
(個人でのお取引の場合)

出所:筆者作成

上記の日時時点で、商品先物取引の金取引(金およびゴールド100)は、表中で最もレバレッジが高い(すなわち資金効率が良い)ことが分かります。

これまでの点をまとめれば、比較的少額で取引ができ、そして資金効率が他の取引に比べて高い銘柄がある・・・これらは、商品先物取引の「証拠金」の面でのメリットであると考えます。

次回も「商品先物取引」のメリットをお伝えします。(3月29日(水)予定、隔週更新)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第2回商品先物取引入門「商品先物取引のメリット①」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第2回商品先物取引入門「商品先物取引のメリット①」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。