facebook twitter
筆者が実践する「保険としてのプットオプション買い」の手法を紹介
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

筆者が実践する「保険としてのプットオプション買い」の手法を紹介

2012/3/22
・まずはオプション取引口座を開設しよう
・「掛け捨ての保険」であることを意識してできるだけ低コストで
・現物株500万円~1,000万円につきプットオプション1枚でとりあえずは十分
・利食いはどうするか?
・プットオプションの買いはあくまでも対処不能な突発的株価暴落に対する備え
facebook twitter メールで送る 印刷

まずはオプション取引口座を開設しよう

第123回のコラムにて、「2008年10月の世界的な株価暴落や、2011年3月の大震災のような突発的な大事件・大事故への備えとして、プットオプションをお守り代わりに少量買っておけばさらに万全です。」と述べました。この点につき「具体的にどのようにすればよいのか」という問い合わせがありましたので、今回は筆者が実践しているプットオプションの買いの手法についてご紹介したいと思います。

オプション取引を行ったことがないという方は、まずは「先物・オプション取引口座」を開設する必要があります。先物取引やオプション取引は、取引内容によっては非常にハイリスクな取引にもなり得ますが、ここでご紹介する「プットオプションの買い」は、損失がオプションの購入金額に限定されるものであり、ハイリスクなものではありませんのでご安心ください。

オプション取引についての基本的な知識については、第76回および第77回コラムもあわせてご覧下さい。

「掛け捨ての保険」であることを意識してできるだけ低コストで

ここでのプットオプションの買いは、万が一に備えた掛け捨ての保険としての位置づけです。したがって、できるだけコストをかけずにかつ効果を得ることができるような買い方が必要です。

例えば、先週末(3月16日)時点での、4月限月のプットオプションの価格は以下のようでした。

権利行使価格 現在値
10,000円 165円
9,750円 85円
9,500円 44円
9,250円 23円
9,000円 15円
8,750円 10円
8,500円 6円
8,250円 5円
8,000円 4円

筆者ならば、ここで権利行使価格8,750円~8,500円のプットオプションを買います。あまり価格が高いプットオプションを買ってしまうと、コストばかりかさんでしまうため逆効果です。プットオプションの買いは、戦略的に利益を求めるような売買手法を駆使しない限り、大部分は買ったプットオプションの価値がゼロになって終わります。株価大暴落がない限り価値がゼロになるものを万が一の保険として買うのですから、価格が10円前後の安いものを買うようにしています。価格が安くても、株価の短期的な急落が起これば、10円のものが100倍の1,000円くらいにはなりますからこれで十分です。

そして、買う際は直近限月(3月に買うのであれば4月限月)のものを買うようにし、毎月買い直すようにします。

現物株500万円~1,000万円につきプットオプション1枚でとりあえずは十分

また、買う数量ですが、あくまでも株価急落時に被る現物株の損失の一部をヘッジするという意味からすれば、現物株500万円~1,000万円に対してプットオプション1枚(1枚=オプション価格の1,000倍)程度で十分ではないかと思います。万が一の備えとはいえ、あまりプットオプションを買いすぎるのもコスト面から考えれば効率的ではありません。

そして、あくまでも保有する現物株に対するヘッジですから、保有する現物株自体がほとんどないような場合はヘッジとしてのプットオプション買いも不要となります。

大局的な下落相場では、保有株は極力減らしているはずですのでプットオプションの必要性も薄れます。プットオプションが威力を発揮するのは、大局的な上昇相場のため現物株を大量に保有して強気で攻めている局面です。このようなときに突如として起こるかもしれない急落への備えとしてプットオプションが必要となるのです。

利食いはどうするか?

プットオプションを買った場合、これを利食いするタイミングが非常に難しい問題です。そもそもプットオプションを買った目的が、突然の株価大暴落による持ち株の値下がり損をカバーするためのものですから、オプションの価格が買値の2倍、3倍になった程度で利食いしてしまうのはどうかと思います。

どの程度になったら利食うかは非常に難しいところなのですが、筆者の感覚としては、株価下落に終わりが見えず、株式を保有すること自体がいやになり、底知れぬ恐怖感を感じるような状態になって始めて利食いすればよいと思います。そのときには、大雑把にいってプットオプションの価格が買値の50倍以上に値上がりしている感覚です。10円で1枚(1枚=1,000単位なので10,000円)買ったものが500円に上昇したら利食いを検討する、といったイメージでしょうか。

なお、株価急落時は、株価が乱高下するのに伴ってオプションの価格も大きく変動します。次の日には価格が3分の1、5分の1に急落してしまうことも珍しくありません。そのため、決してベストタイミングで利食いしてやろうなどとは思わず、当初の目的(例えば現物株の値下がり損の半分をカバーできる程度の利益を得られる)が達成できる水準にあるならばすぐに利食いしてしまうこと、そして利食いの後にさらにオプションの価格が値上がりしても気にしないことが重要です。

プットオプションの買いはあくまでも対処不能な突発的株価暴落に対する備え

繰り返しになりますが、プットオプションの買いは、上昇トレンドを維持していた株価が何の前触れもなく突然大暴落したときに対する備えです。

例えばすでに株価が中期的・長期的な下降トレンドに転じていてダラダラと下げ続けており、そこから株価下落が加速して大暴落になったような場合であれば、株価が下降トレンドに転じた時点(大暴落となるよりかなり前の時点)で利食い売りや損切りをするなど、適切な対応をとることができます。

また、株価が急落せずにダラダラと下げているときは、プットオプションもあまり大きく値上がりすることはありません。そのため、プットオプションの利益で現物株の損失をカバーすることは難しいでしょう。

プットオプションを買ってさえいれば、持ち株の値下がりによる損失を100%カバーできるかといえば、残念ながらそうではありません。あくまでも重要なのは下降トレンドでは持ち株を減らすなどといったポジション管理や、損切りを適切なタイミングで確実に実行することであり、そうした対応ができないような突発的な株価下落に対応するための手段としてプットオプションの買いを活用する、と理解してください。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください筆者が実践する「保険としてのプットオプション買い」の手法を紹介

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

筆者が実践する「保険としてのプットオプション買い」の手法を紹介

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。