facebook twitter
初登場! 「ブル・ベアETF」を上手に活用しよう!
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

初登場! 「ブル・ベアETF」を上手に活用しよう!

2012/4/19
・ブル・ベアETFとはどんなもの?
・ETFとして登場したことで使い勝手が格段に向上
・少ない資金で大きい利益を狙う
・空売りを使わなくても「買い」でリスクヘッジができる!
・ブル・ベアETFのその他の注意点は?
facebook twitter メールで送る 印刷

ブル・ベアETFとはどんなもの?

4月上旬から中旬にかけて、ETF(上場投資信託)に新しい商品が誕生しました。「ブル・ベアETF」と呼ばれるものです。

ブル型のETFとは、日経平均株価やTOPIXといった株価指数の変動率の2倍の価格変動率となるように設計されたものです。

一方、ベア型のETFとは、株価指数の変動率のマイナス1倍、つまり価格の変動が株価指数の正反対になるように設計されたものです。

つまり、ブル型のETFは、上がるときも下がるときも日経平均株価やTOPIXの2倍動く、ベア型のETFは日経平均株価やTOPIXが上がれば同じだけ下がり、逆に日経平均株価やTOPIXが下がれば同じだけ上がるという特徴を持ちます。

日経平均株価が10,000円から10,500円に5%上昇した場合、ブル型のETFであれば価格が5%×2倍=10%上昇します。一方、ベア型のETFであれば価格が5%下落することになります。

ETFとして登場したことで使い勝手が格段に向上

実は、ブル・ベア型の投資信託というものは以前から販売されていました。しかし、販売手数料が高かったり、場中に自由に売買ができなかったりと、使い勝手の面からいえばあまりよくありませんでした。

しかし、今回上場する「ブル・ベアETF」は、販売手数料はなく、通常の上場株式と同じ売買手数料のみで済みます。また、上場株式と同じように売買できますから場中の売買も自由です。買いたいときに買え、売りたいときに売れるのはやはり魅力的です。

今回新たに上場したブル・ベアETFは以下のものです。

東京証券取引所に上場しているETFはTOPIXの値動きに連動するもので、大阪証券取引所に上場しているETFは日経平均株価の値動きに連動するものです。

少ない資金で大きい利益を狙う

ブル型ETFの活用方法として考えられるのは、「少ない資金で大きい利益を狙う」というものです。もし、投資資金が100万円あるとして、これを日経平均株価連動型のETFに投資し、日経平均株価が20%上昇すればETFも20%上昇しますから20万円の利益です。一方、この100万円をブル型のETFに投資したならば、日経平均株価が20%上昇すればETFは20%×2倍=40%上昇し、40万円の利益を得ることができます。多少のリスク覚悟で資金を大きく増やしたい、という個人投資家の方にはお勧めです。

ただし、ブル型ETFは下がるときも日経平均株価やTOPIXの2倍下がりますから十分に注意が必要です。下降トレンド途中の逆張りの買いをしないこと、そして損切りのルールを設定してそれを遵守することが求められます。

空売りを使わなくても「買い」でリスクヘッジができる!

一方のベア型ETFの活用法の1つが「リスクヘッジ」です。長期的には上昇トレンドであるが中期的、短期的に株価が調整しそうだというとき、持ち株を売却する代わりにこのベア型ETFを買って株価下落に備えるのです。

もともと、株価下落に備えるリスクヘッジの手法としては、個別銘柄の空売り、指数連動型ETFの空売り、先物売りなどがありますが、いずれも空売りを用いるものであるため、信用口座や先物口座を開設する必要があり、敷居がやや高いのも事実です。

また、第125回のコラムでご紹介したプットオプションの買いは、空売りではなく買いによるリスクヘッジですが、これは突発的な事件・事故による株価急落に備えたものであり、通常の株価調整局面ではそれほど威力を発揮できません。

でも、ベア型ETFを買えば、日経平均株価やTOPIXが値下がりしたらベア型ETFは同じ割合だけ上昇することになりますので、保有株の値下がり損をカバーすることが可能です。

信用売りを伴わず、「買い」だけでリスクヘッジできるのがベア型ETFの魅力です。もちろん、リスクヘッジ目的だけでなく、今後の株価下落が見込まれる局面で単純にベア型ETFを買い、積極的に利益を目指すことも可能です。

ブル・ベアETFのその他の注意点は?

ブル・ベアETFは、例えばTOPIXブル2倍上場投信であればTOPIXの「日々の変動率の2倍」になるように設計されています。そのため、前日比で比較すると、TOPIXの値動きの2倍になりますが、2日以上離れた期間で比較すると、2倍にならないことがあります。

特に日経平均株価やTOPIXが狭い範囲の値動きで上昇・下落を繰り返すようないわゆるボックス相場のときには、例えばTOPIXが小幅な上下動を繰り返しながら10%上昇したとしても、TOPIXブル2倍上場投信の価格は10%×2倍=20%ではなく、15%しか上昇しないということも考えられます。

このような現象は、期間が長くなればなるほど顕著になるものと思われます。そこで、このブル・ベア型ETFへ投資する際には「長期間(何年もの間)持ち続けることは避ける」「日経平均株価やTOPIXがボックス相場のときは投資を控え、明確な上昇トレンドもしくは下降トレンドが形成されているときだけ投資をするようにする」ことを心がけるとよいでしょう。1カ月から6カ月程度の短・中期的な株価トレンドに従って、上昇トレンドならブル型ETFを、下降トレンドならベア型ETFを買うといったイメージです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください初登場! 「ブル・ベアETF」を上手に活用しよう!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

初登場! 「ブル・ベアETF」を上手に活用しよう!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。