facebook twitter
空売りは「踏み上げ」・「信用倍率」・「逆日歩」に要注意
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

空売りは「踏み上げ」・「信用倍率」・「逆日歩」に要注意

2010/3/25
・リスクヘッジやロング・ショート戦略にも活用される空売り ・空売りで注意すべきは「踏み上げ」 ・踏み上げの予兆は「信用倍率」「逆日歩」に現れる
facebook twitter メールで送る 印刷

リスクヘッジやロング・ショート戦略にも活用される空売り

空売りのメリットは、下降トレンドにある銘柄に空売りをして、株価下落による利益を得るだけではありません。例えば、持ち株のリスクヘッジに空売りを用いることもできます。
持ち株が長期的にはまだ上昇トレンドにあるものの、短期的に下降トレンドになりそうなケースはよくあります。
こんなとき、短期的な株価値下がりリスクをヘッジするために、持ち株と同じ銘柄に空売りを実行するのです。そして、短期的な下降トレンドが終了したところで買い戻しをして利益確定します。もし空売り後逆に株価が上昇してしまっても、「現渡し」という決済方法を使うことで、空売りした時点での株価で持ち株を売却したことにできますから、株価がいくら上昇しても損失が膨らむことはありません。
空売り後に株価が大きく下落し、長期的にも下降トレンド入りした場合も、「現渡し」をすれば、空売りを行ったときの高い株価で現物株を売却したのと同じ効果を得ることができます。

また、「現物買い・信用買い」と「空売り」を組み合わせてロング・ショート戦略をとることも可能です。
リスクヘッジの場合は持ち株と同じ銘柄に空売りを行いますが、ロング・ショート戦略は、相対的に株価の値動きが強いと思われる銘柄を買い(=「ロング」)、弱いと思われる銘柄に空売り(=「ショート」)をすることで、株式市場全体が上昇局面でも下落局面でも利益を得ることを目指します。

空売りで注意すべきは「踏み上げ」

よく、「信用買いの損失は限定的だが、空売りの損失は無限大」といわれます。
株価はゼロより小さくなることはなりません。したがって、信用買いであれば、損失は最大でも「買値×株数」となります。しかし、株価はいくらでも無限に上昇する可能性があるため、空売りの場合は、株価が上昇すればするほどどこまでも損失が膨らみます。
例えば、株価100円の銘柄を1000株信用買いした場合、最大の損失は100×1000=10万円です。一方、株価100円の銘柄を1000株空売りして、その株が400円まで上昇した場合、損失は(400-100)×1000=30万円になります。株価がさらに上昇すれば損失も膨らみます。
そのため、株価上昇局面では、空売りをしている投資家が含み損拡大を避けるために買い戻しを急ぐことで、株価が短期間に急上昇することがあります。このことを「踏み上げ」といいます。空売りをしている場合、踏み上げの初期に損切りをしないと、損失が日に日に増大し、資金の多くを失いかねませんので十分な注意が必要です。

踏み上げの予兆は「信用倍率」「逆日歩」に現れる

踏み上げが起きるのは、大部分が「売り長」の銘柄、つまり信用買いに比して空売りの残高が多い銘柄です。こうした銘柄は、空売りの踏み上げを狙った買い仕掛けが入ることもよくあります。
証券会社の取引画面などで、各銘柄ごとの信用取引の残高や、信用買いと空売りの比率(信用倍率。これが1を割り込むと空売りが信用買いより多いことを表す)をチェックすることができます。空売りを実行する際は、信用倍率が小さい銘柄はできるだけ避けるようにし、実行後も信用倍率の推移に目を配り、急速に信用倍率が小さくなっている場合は早目の買い戻しを検討するようにしましょう。

空売りは、誰かから株式を借りてきて、その株を売る行為です。したがって、空売りの残高が増えてくると、株式を借りてくることが次第に困難になります。そのため、株式調達のための追加的なコストがかかるようになり、空売りしている投資家がこれを負担します。これを「逆日歩」(ぎゃくひぶ)とよびます。
逆日歩が発生する銘柄の多くは、大幅な「売り長」にあります。したがって、逆日歩が生じている銘柄は踏み上げ狙いの買い仕掛けがおこる可能性が十分にあり、新規の空売りは慎重に行う必要があります。

いずれにせよ、損切りをしっかりと実行して、無理のない範囲内で行えば、空売りもそれほど怖いものではありません。あとは、突然の大きなプラス材料出現により買い戻し(損切り)をしたくてもできない事態を防ぐために、ヘッジ目的でない純粋な空売りは値動きの激しい小型株より、値動きの比較的ゆるやかな大型株で実行することと、空売りする銘柄を分散させることをお勧めします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください空売りは「踏み上げ」・「信用倍率」・「逆日歩」に要注意

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

空売りは「踏み上げ」・「信用倍率」・「逆日歩」に要注意

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
10万円株
 
投資の失敗
人気ブロガー
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
動画でわかる
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。