投資小説:もう投資なんてしない⇒

1章 なぜ、個人投資家は、儲かっていないのか?

<プロローグ>投資から、退場させられた、男

 金曜日の夜、木村隆一はいつものように新橋で「千ベロ」の最中だった。千ベロとは千円でベロベロに酔えるということだが、新橋の大衆居酒屋の安くて濃いめの酎ハイは、見事に隆一を気持ちよくさせてくれた。

 いっしょに飲んでいる同僚は、ろれつが回らなくなっており、仕事のグチや上司の悪口で1週間溜まった毒を吐く。右隣に座る退職前のサラリーマンらしき2人は、もうそれほど仕事に根をつめていないのか、美味しそうにホッピーで喉を鳴らしながら、最近の政治についての持論をぶっていた。

 逆隣の40代風の男性2人は、投資の話をしていた。

「去年はビットコインや新興企業の株で200万くらいは儲かったよ」と少し派手目のスーツを着ている男性が自慢げに言うと、友人らしき男性が「200万かよ!? ゴチになりますー。俺もやってみようかな」と急に目をギラつかせた。

 かなり酔ってはいたが“投資”というワードに脳が反応した隆一は、3年前を思い出していた。

 同僚が株のデイトレードで毎月10万円のこづかいを稼いでいるという話を聞き、「あいつにできるなら俺にもできるはず」だと考え、ネットの証券会社に口座を開いて株をやってみたのだった。

 なんでもビギナーズラックというのはあるのもので、株価が上がっている銘柄のランキングから適当に1つ選び、10万円くらい買ってみたら、3日で13万円になった。

 3日で3万円も儲かったことに驚いた。

 隆一の月のこづかいも3万である。娘2人の教育費や住宅ローンに給料を根こそぎ取られ、妻にこづかいアップを頼もうものなら、「あの子たちの学費と、あなたの飲み代とどっちが大事なのよ」と逆に詰められ、ボーナス月の1万円上乗せをキープいただくのが精一杯。

 そんなところで、3日で3万円も儲かったのだから、ひと月で数十万稼ぐのも夢じゃないと、隆一は株にのめり込んでいった。

 株をやり始めると、スマートフォンで取引画面を見る頻度が増え、15分に一度は確認をしないと落ち着かなくなった。会議中も、ノートパソコンで資料を見ているフリをしながら、ネット証券のスマホアプリで株価を確認していた。