諺「時は金なり」

「時は金なり」は古今東西の諺(ことわざ)の中でも、特に有名でかつ有用なものの一つだろう。一般には、時間はお金のように大切なので無駄に費やしてはならない、という意味に理解されている。

 人にとって時間が大切であることに異議はない。次に考えるべきことは、どのようにすると時間を上手く扱うことができるかだろう。

 ここでお金が登場するのが、諺の意味の深いところだ。「自分の時間の値段」を意識することで、われわれは時間とお金についてよりよい状況を作る手掛かりを得ることができる。

 例えば、1時間の価値が5,000円だと考える人がいるとしよう。年収が1,000万円で、一年に250日働き、一日に8時間働くとすると、この人は労働一時間当たり5,000円稼いでいる計算だ。

 この人が、通勤に30分かけていたところ、1時間掛かる場所に引っ越すとする。月に20日通勤すると、通勤時間が月間20時間増えるから、時間の損失が月額10万円発生する。同条件の家なら、家賃が10万円以上安くはないと、この引っ越しは割に合わない、という計算になる。

 通勤に伴う損得のあれこれについては、近年普及しつつある「テレワーク」による在宅勤務を経験してみて、思うところのある読者が多いのではないだろうか。

 実際には、通勤時間が長いことに伴う不便や、満員電車等による通勤の疲労やストレス、通勤時間が睡眠時間を圧迫するならそのことによる能率の低下なども考える必要がある。遠距離通勤で、住環境を改善できるプラス効果なども考慮すべきだが、筆者個人は、どちらかというと「職住接近主義」だ。

 特に、仕事を覚え、時には仕事に没頭すべき若いビジネスパーソンには、職住接近による時間の有効利用の効用を強調したい。

 職住接近の話に思わず力が入ったが、自分の「時間の値段」を考えることで、さまざまな意思決定の選択肢を評価できることは強調したい。

 読書や映画鑑賞の本当のコスト評価とか、学校に行くか就職して働くかという種類の人生の選択肢の評価に応用できる場合がある。読書や映画鑑賞は、自分の時間の値段を考えると経済価値的には高くつく行為だし、進路選択にあっては「1年の値段」を考える必要がある。人生の時間は有限だ。単に「やらなければ後悔するから」といった薄弱な根拠で人生を決めるのは愚かだ。

 なお、その時々に「自分の時間の値段」を考えるべきだが、ビジネスパーソンの場合、自分の「時給」を自分の時間の値段だと考えるのは、少々志が低い。会社勤めであれば、会社は、あなたが会社のために獲得した付加価値の一部を報酬として支払っている。あなたの時間の本当の価値は、「時給」よりも高いはずなのだ。

 時間の採算感覚の重要性はいくら強調しても強調し過ぎということはないだろう。「時は金なり」は大変役に立つ言葉だ。

 しかし、この金言に一言だけ物申しておこう。

 実は、時間は、お金よりも大切なものなのではないだろうか。いくらお金があっても、人生の時間が無いと有効に使えない。むしろ、自分の時間を尺度として、お金やもろもろの選択肢を評価するのが正しい考え方だろう。

 例えば、お金を有効に使うことで、自分の時間を生み出すことができる場面が多々ある。「お金で時間を買う」感覚が時には大切だ。お金を有効に使うことで時間を稼ぐのが、むしろ人間本来の姿だろう。

 ただし、時間よりもお金のほうが価値の実感を伴って計算しやすい場合が多かろう。最終的には、人生の時間を効率的に扱う手段として「自分の時間の値段」に対して常に意識的であることが有効だ。