facebook twitter
第24回順張りと逆張りについて(その1)
土信田 雅之
信用取引入門講座
信用取引という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。ただし、その割には意外と「近くて遠い」存在であるのも事実です。このシリーズでは、「そもそも信用取引とは何なの?」という初…

第24回順張りと逆張りについて(その1)

2016/5/12
信用取引を上手く活用することで、相場の上昇・下落局面を問わず収益チャンスが増えるということは、これまでにも繰り返し触れてきましたし、多くの信用取引関連書籍などでも述べられています。
facebook twitter メールで送る 印刷

信用取引を上手く活用することで、相場の上昇・下落局面を問わず収益チャンスが増えるということは、これまでにも繰り返し触れてきましたし、多くの信用取引関連書籍などでも述べられています。

確かにその通りなのですが、むしろ難しいのは、相場のトレンド判断や、売り建てと買い建ての売買判断の方です。とくに、売買判断については、「順張りと逆張りのどちらが良いのか?」というのが大きなテーマになっています。

「順張り」とは、株価の動きが発生している方向に沿って売買することです。実際の信用取引では、上昇トレンド中に新規買い建てを行う、もしくは下落トレンド中に新規売り建てを行うことになります。トレンドの継続に従って利益をねらう考え方ですが、トレンドがいつ終了するのか判らず、思ったよりもすぐにトレンドが終了してあまり利益が出なかった、もしくは、新規建てしたタイミングが天井(底)で損してしまうかもしれないという不安があります。

一方、「逆張り」とは、順張りの反対で、発生しているトレンドに逆らって売買することです。上昇トレンドの中で新規売り建てを行う、下落トレンド中に新規買い建てを行うわけですが、その背景には、「さすがにもうそろそろ天井(底)だろう」といった、相場の過熱感によるトレンド転換を期待する考え方があります。想定通りにトレンドが転換すれば、絶妙な売買タイミング(安いときに買う、高い時に売る)になりますが、逆にトレンドが継続してしまうと、損失が拡大してしまいます。

一般的に、個人投資家は逆張りを好む傾向があるとされています。その根拠とされているのが、東京証券取引所が毎週公表している「投資部門別売買動向」です。下の図は日経平均(週足)の動きと個人投資家の買い越し・売り越し額の推移を表したものですが、日経平均の上昇局面では売り越し、下落局面では買い越しとなる場面が多くあります。

日経平均(週足)と個人投資家の売買動向

(東証公表データを元に筆者作成)

ただし、実際には一般的に言われているほど個人投資家は逆張り傾向ではないと思われます。例えば、上昇トレンドに乗って短期的に上手く利益を出した場合、買った時の売買代金よりも、売却時の売却代金の方が大きくなり、結果的に売り越しになるケースもあるからです。

今回は、順張りと逆張りの特徴に焦点を当てましたが、「どちらが優れているか?」という議論そのものにあまり意味がなく、「どう使い分けたら良いのか?」の方が重要です。次回は、その使い分け方についての一例を紹介したいと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第24回順張りと逆張りについて(その1)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第24回順張りと逆張りについて(その1)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。