facebook twitter
第18回信用取引と現物取引の使い分け(その2)
土信田 雅之
信用取引入門講座
信用取引という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。ただし、その割には意外と「近くて遠い」存在であるのも事実です。このシリーズでは、「そもそも信用取引とは何なの?」という初…

第18回信用取引と現物取引の使い分け(その2)

2016/2/3
株を買おうとする際、現物取引で買うのと信用取引の買い建てとではどちらが有利なのかについて、前回は「時間とコスト」に焦点をあてて見てきました。信用取引では金利が日々発生し、建玉の保有期間が長くなるほどコストの負担が増えるため、比較的短期志向の取引に向いていると言えますが…
facebook twitter メールで送る 印刷

株を買おうとする際、現物取引で買うのと信用取引の買い建てとではどちらが有利なのかについて、前回は「時間とコスト」に焦点をあてて見てきました。

信用取引では金利が日々発生し、建玉の保有期間が長くなるほどコストの負担が増えるため、比較的短期志向の取引に向いていると言えますが、それとは別に、信用取引が短期取引との相性が良い理由に、「回転売買が可能」というものがあります。

回転売買とは同じ銘柄を日計りで何度も売買することです。現物取引ではいわゆる「差金決済」が禁止されており、この回転売買ができません。

例えば、ある銘柄Aを100万円で買って、その日のうちに110万円で売却したとします。株式取引の受渡し日は取引成立日(約定日)から数えて4営業日目になりますが、受渡し日に購入代金の100万円を払うと同時に売却代金の110万円を受け取ることになります。実質的には購入金額と売却金額の差額(10万円)をやりとりすれば良い事になります。

この差額だけの受渡しで決済することを差金決済と言いますが、別の言い方をすれば元手の100万円がなくても取引できてしまうことになってしまいます。そのため、「きちんと元手の購入資金を確保していますよ」ということで、購入代金の前受け制をとっているネット証券などでは、日計り取引を行った時点で100万円を拘束し、再び銘柄Aの買い注文を発注するとエラーになります。また、対面証券でも受渡し日の前日までに100万円を入金することを求められたりします。同じ日に再び銘柄Aを買うには、別途購入代金が必要になります。

実は、信用取引でも現物株と同様に、以前は日計り取引に使った保証金を当日中の別の信用取引に使うことができませんでした。これが2013年1月に解禁されて、現在では同じ保証金を何度でも回転売買に利用できるようになっています。また、信用取引の回転売買で発生した利益もすぐに保証金に反映され、次の信用取引に使える点も資金効率の面でメリットです。ただし、日計り取引を繰り返す度に1日分の金利が発生する点には注意が必要です。

ちなみに、現物株取引で禁止されている差金決済ですが、同一銘柄に限られています。つまり、銘柄Aを日計りした後に、その代金を使って別の銘柄Bを日計りすることは可能です。これは「乗換売買」または「ループ取引」などと呼ばれています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第18回信用取引と現物取引の使い分け(その2)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第18回信用取引と現物取引の使い分け(その2)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。