上場株式等の売却益には20.315%の課税

 今回は、株式投資に関する税金の基本的な取り扱いについてご説明します。
上場株式等の売却の際は、売却益に対して税率20.315%の譲渡所得課税が行われます。
一般口座にて売却した場合は、売却単価や税計算を自身で行ったうえ、原則として確定申告が必要です。

 源泉徴収なしの特定口座にて売却した場合は、税計算は証券会社で行ってくれますが、確定申告は自身で行う必要があります。
 源泉徴収ありの特定口座にて売却した場合、証券会社にて自動的に税計算・納税がされますので確定申告をする必要はありません。ただし、確定申告をした方が有利な場合などは、確定申告をすることも可能です。

 さらに、源泉徴収ありの特定口座内での売却益は、確定申告しない限りは後述する合計所得金額への加算もされません。これらのことから、源泉徴収ありの特定口座が最も使い勝手がよいといえます。