気になるあの本をチェック!

老後の大切なお金の一番安全な増やし方 シニア投資

老後の大切なお金の一番安全な増やし方 シニア投資
2019年12月16日頃発売/アスコム
1,540円(税込)

答えてくれた人

アスコム メディア開発部 副編集長 中山景さん

著者ってどんな人?

西崎 努さん 

 老後のお金の駆け込み寺。日本で唯一のシニア投資コンサルタント。元大手証券会社のトップセールスで、銀行、証券会社の裏側と運用実務を知り尽くしている。子どものように信頼してくれる顧客の期待に応えられない大手金融機関のリテール営業に疑問を感じ、独立。年代に合った正しい運用「シニア投資」という切り口は独自性があり、今後社会的な価値も高まっていくと期待できる。

どんな人にオススメ?

 リタイア後のお金に不安がある方。大手金融機関での運用に疑問がある方。退職金の使い方に悩んでいる方。

この本の、ここが読みどころ!

 債券を中心にしたシニア投資のやり方は、安定、安心、手間なしで目から鱗。ほとんどの人が知らないはずなので、実践した人のビフォアアフターと併せてぜひ読んでほしいです。

 今金融機関と付き合いのある人は3章も要注目。よくあるセールストークや危険な金融商品を具体的に解説しているので、思い当たることがあったらすぐにシニア投資に切り替えてほしい。「え? こんなに損してるの?」と私も驚くことばかりでした。

編集者の制作秘話

 もっとも意識したのは、とにかく「シニア投資」という考え方を知ってもらうこと。資産運用というと普通は、まず一人ひとりの資産を棚卸しして…などとケースバイケースのアドバイスになってしまうことが多いのですが、この本では、あえて小難しい話はすっ飛ばして、「50代からはこれだけでいい!」とシンプルに言い切ることにしました。

 冒頭から1章に「シニア投資」の魅力を詰め込んだので、まずはそこだけ読んでいただくだけでも十分。「シニア投資」が常識になって、金融機関で無用な商品を買わされる人たちが減ってくれれば嬉しいです。