これから将来のために資産運用をしようと思っても、社会人スタートから間もない20代なら収入に余裕がなかったり、30~40代なら家族が増えたり、住宅ローンの返済があったりと、お金が作れず、なかなか資産運用に向き合えないという人もいるでしょう。

 投資初心者がすぐにマネできるように、投資額を4ステージに分けて紹介していきたいと思います。今回は毎月5,000円編です。

毎月5,000円から始めてみよう

「たった5,000円で投資なんてできるの?」という声も聞こえてきそうですが、いまは100円から投資ができる時代。全く問題ありません。

 また、月5,000円で資産をつくれるか疑問を感じる人もいるかもしれませんが、毎月5,000円投資した場合、1年で累計6万円の投資額にもなり、これが10年間続けば、60万円になります。

 投資額の増額は、収入が増えたり、投資の経験値が上がってきたタイミングで考えればよいので、まずは気軽に5,000円から始めてみましょう。

目的によって活用する制度は変えよう

「毎月5,000円くらいは投資しよう」と考えるなら、毎月同額を同じ投資先に投資する「積立投資」という方法がおすすめ。しかも、つみたてNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)やiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)など、税制優遇のある制度を活用すべきです。

>>つみたてNISAiDeCoの制度について詳しく見る