iDeCoの常識を疑う

 2017年から加入対象者が広がったiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)は、着実に加入者が増えているようです。2019年9月末時点では138万人ですから、企業型加入者の720万人には、まだ遠く及ばないものの、2016年末時点で30万人程度の加入者がその後の3年あまりで5倍近く増えているというのは驚くべきペースと言って良いでしょう。

 しかしながら、iDeCoに関しては、まだまだ多くの人が誤解している部分がたくさんあります。素人の人であればともかく、お金のプロと言ってもよいFP(ファイナンシャル・プランナー)の人の中にも間違った常識を持っている人がいます。これらの間違った常識について、今後の法律改正の動きも踏まえてお話したいと思います。

1.50代でも加入するのは決して遅くない

 最初は加入年齢についてです。iDeCoは現時点では加入できる上限年齢が60歳です。したがって、50代に入ってしまったら加入できる期間がとても短いために、あまり積み立てることができず、メリットは小さいと考えられています。加えて、加入期間が10年以上ないと、60歳から引き出すことができない、ということからもう50代は手遅れで入ることができないという人もいます。しかし、これは必ずしも正しくないと私は考えています。

 理由の一つ目は、現在加入年齢の上限を65歳まで引き上げるということが厚生労働省の社会保障審議会で議論されているからです。

 自営業の場合は、国民年金の加入年齢引き上げとセットになっているため、実現に向けたハードルは少し高いように思いますが、サラリーマンの場合は企業型も規約によっては65歳まで加入可能。

 つまり、iDeCoについても65歳までの加入が実現する可能性は高いと言えます。さらに、60歳から受け取れないということについても、多くの企業では65歳までの再雇用で働く人が増えていることを考えた場合、今後は60歳で引き出す人ばかりとはならないだろうと思います。したがって、必ずしも50代だからiDeCoに加入するのは意味がないとは、言えません。