3月決算企業の第1四半期決算が出そろいました。決算発表をきっかけに急落する銘柄も多数出現しましたが、果たして買うべき? 見送るべき?

決算発表で急落する銘柄・今回も続出

 8月も中旬を過ぎ、決算発表シーズンが終わりました。今回は3月決算企業の第1四半期決算に加え、6月決算企業の本決算、9・12月決算企業の四半期決算が発表となり、まさに3カ月に1度訪れる決算のピークとなりました。

 決算発表シーズンといえば、決算の内容を受けて株価が急騰する銘柄、急落する銘柄が多数生じることが風物詩となっています。今回も、その動きをする銘柄が数多くありました。

 そして、決算発表により株価が急落した銘柄を買い向かう投資家も存在するのが事実です。

急落銘柄を「買う」投資家の思考

 急落した銘柄を買う投資家の思考、それは「株価が大きく値下がりして割安になった」と考えているからです。

「確かに決算発表の内容は期待していたほどではなかった。とはいえ、ここまで売られなくてもよいのでは? という水準にまで株価が下がっている、長い目で見て株価上昇が期待できる株を安く買うことができるのだから買い向かうべき」と考えています。

 中には、どこからどう見ても好決算なのに、株価が急落してしまう銘柄も珍しくありません。こうした銘柄は彼らにとっては「買い」の選択肢しか考えられないのです。

急落銘柄を買うことによるリスクは?

 しかし、株価が急落している銘柄を、手放しで「割安」と喜んで買っても大丈夫なのでしょうか?

 確かに、一時的な業績の落ち込みを嫌気して株価が過剰反応し、明らかに下げ過ぎと思われるケースも少なくありません。こうしたケースであれば、急落したところを買い向かえば報われるでしょう。

 しかし、決算発表をきっかけにして株価が急落した後も、株価の下落が止まらないこともかなり頻繁に生じているのが事実です。

 つまり、株価急落後に反発する銘柄と、株価急落後も下落が止まらない銘柄とが実際に存在するのです。

 もし、反発する銘柄と下落を続ける銘柄を事前に見極めることができるのであれば、前者の銘柄のみを株価急落時に買い仕込めばよいことになります。

 しかし、個人投資家が、上昇に転じる銘柄のみを見極めることは事実上不可能に近いと筆者は思います。

 現に、株価が急落した銘柄を買い向かった結果、その後も株価が下げ止まらず、多額の含み損を抱えた塩漬け株をつくってしまう個人投資家が後を絶ちません。