6月1日から、ふるさと納税の新制度がスタートしました。読者の方から、「やってみたいが何していいかわからない」との質問が今でもあります。今日は改めて「ふるさと納税」の基礎を解説します。

 ではまず、6月1日にスタートした新制度の概要を説明します。

行き過ぎた高額返礼品に規制。6月1日より新制度スタート

 ふるさと納税する人は、どんどん増加しています。応援したい自治体に寄付するというよりは、返礼品が魅力的な自治体を選んで寄付するのが、普通となっています。そのため、一部でふるさと納税の趣旨に反する、行き過ぎた高額返礼品競争が起こっていました。

 これを是正するために6月1日にスタートした新制度では、自治体が寄付者に贈る返礼品で、以下は禁止されることになりました。

・寄付額の3割を超える、高額返礼品
・地元産品でない返礼品

 このルールを守らない自治体は、「ふるさと納税」の対象から除外されることになりました。今回、除外されることになったのは、以下の4つの市町村です。

・大阪府泉佐野市
・静岡県小山町
・和歌山県高野町
・佐賀県みやき町

 この4自治体に6月1日以降寄付しても、「ふるさと納税」で認められる税額控除は受けられません。

 このほかに、43の市町村で、税優遇が受けられる期間が2019年6~9月の4カ月に限られています。この43市町村は、7月中に改めて総務省に申請して制度適用の審査を受けることになります。審査が通れば、10月以降も制度の対象となりますが、通らないと除外されます。

 ふるさと納税を行う方は、ふるさと納税サイトなどで、寄付する自治体が制度から除外されていないか確認が必要です。

 それでは、以下でふるさと納税の制度概要とやり方を解説します。