1954 (昭和29)年4月28 日

缶ジュース発売記念日

 

 1954(昭和29)年4月28日、明治製菓から日本で初めての缶ジュース「明治オレンジジュース」が販売されました。

 当時はビンジュースが主流でしたが、ガラス製のビンだとオレンジのビタミンCが紫外線によって壊れるため、缶入りジュースが開発されました。果汁100%の味を生かすためにもビタミンCを保存する缶ジュース開発は必須だったのです。

 発売当初のジュースは缶詰と同じで、缶切りがないと飲むことができませんでした。この後、1957年には缶の上部にオープナーが付いた「オープナー付缶ジュース」が発売され、手軽にジュースが飲めると評判になりました。

 オープナーとは先のとがった小さな缶切りで、それで缶の上部に2カ所の穴を開けて飲むというもの。現在のようなタブが導入されたのは1965年からのことになります。

 発売当初、缶ジュースの値段は40円で、現在の価格に換算すると約900円となり、高価なものでしたが人気商品となりました。

 ちなみに果汁100%でないと「ジュース」という名称は使用できず、それ以外はソフトドリンクと呼ばれています。

 

1954 年4月28 日の日経平均株価終値は

351円52銭

ライター FIX JAPAN 前沢ともあき