facebook twitter
ユーロとポンド、どっちが強い?
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

ユーロとポンド、どっちが強い?

2017/8/24
・今日は、英国の4-6月期GDP改定値(国内総生産)の発表があります
facebook twitter メールで送る 印刷

前日(8月23日)の市況

ドル/円:トランプ大統領の放言が、ドルの上値を重くした

 この日のドル/円は、トランプ政権が税制改革へ向けて前進するとの期待から、109.82円まで前日の高値を更新。ところがその後は徐々に値を下げ、NY市場終盤にかけて108.89円まで売り戻されました。終値は109.02円。結果としてドル買いは続かず、一昨日からの上昇分をほぼ消してしまいました。(チャート1)

トランプ大統領が、「メキシコ国境の壁建設の予算を確保するためには、(債務上限の引き上げができずに)政府機関が閉鎖してもかまわない」と放言したことがドルの上値を重くしました。

 

 

 

 ユーロ、ポンド:ユーロが優位

 ドル買い優勢のマーケットで、下げが目立っていたユーロ/ドルは、この日は反発。欧州時間に1.1739ドルまで下げて前日の安値を更新しましたが、その後1.1823ドルまで急上昇しました。(チャート2)きっかけは、ドラギECB(欧州中央銀行)総裁が「金融政策は新たな取り組みに対して常に準備すべきだ」と発言したこと。近い将来にECBが出口戦略を始めるとの期待が高まりました。この日に発表されたユーロ圏のPMI(購買担当者指数)もおおむね堅調で、欧州経済は本格的な景気回復サイクルに入ったとの見方が強まっています。

クロス取引では、ユーロ/ポンドは、0.9234ポンドまで、実に2009年10月以来の高値を更新。ユーロは、対ドルではドル買い材料とユーロ買い材料に挟まれて上下していますが、ポンドに対しては一方的に上昇を続けています。欧州通貨の中では、ユーロの優位性がはっきりしていることがわかります。(チャート3) 
 

 NZドル:大幅下落

前日の東京市場でNZドルが大幅下落。ドルの買戻しとキャリートレードの巻き戻しが背景。NZ財務省が、2017、2018年度の経済成長率の見通しを下方修正したことも売りを加速させました。NZドルは、対円78.54円まで売られて6月7日以来の安値を更新。(チャート4)

また豪ドルに対しても下げが目立ち、AUD/NZDは、3月31日以来の水準まで急上昇(豪ドル高/NZドル安)しています。(チャート5)

 

 

今日の予定

今日は、英国の4-6月期GDP改定値(国内総生産)の発表があります。英国では、労働賃金の伸び悩みが消費活動にブレーキとなっていること、またブレグジットの影響で、英国への投資意欲が徐々に後退。英国の成長率は縮小に向うとの懸念があります。約8年ぶりの安値水準にあるユーロ/ポンドの動きにも注意です。また明日の朝は、日本の7月CPI(消費者物価指数)が発表されます。全国CPIの予想は前年同月比0.4%と、前月と同じ。生鮮食料品を除くコアCPIは0.5%へ上向く予想です。

今日のサポートとレジスタンス

 

サポート、レジスタンスとは、テクニカル分析で用いられる用語です。サポートラインは、前回下げたときの安値で、そのレベルで反発したことから「下値支持線」、レジスタンスラインは、前回上昇したときの高値で、そのレベルで反転したので「上値抵抗線」とも呼ばれます。必ずしもこの水準で反発、反転するわけではありません。これらの水準でレートが押し戻されるのか、それとも超えていくのかを見極めることがポイントになります。

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいユーロとポンド、どっちが強い?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ユーロとポンド、どっちが強い?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。