24年前の今日…

1995(平成7)年3月20日

地下鉄サリン事件

 

 今から24年前の1995年3月19日、地下鉄サリン事件が発生しました。

 地下鉄サリン事件とは、宗教団体のオウム真理教によって東京で引き起こされた同時多発テロ事件のことです。

 警察庁による正式名称は「地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件」、海外では「Tokyo Attack」とも呼ばれています。

事件当日、現在の東京メトロの千代田線、丸の内線、日比谷線など複数箇所で営業運転中の地下鉄車両内に神経ガスのサリンが散布されました。神経ガスとは有機リンの1種で神経の伝達を阻害する化学兵器です。

 閉鎖空間である電車内での散布は、その場に居合わせた乗客及び乗務員などに死者を含む多数の被害者を出し、13人が死亡、負傷者数は約6,300人と、大きな犠牲を出しました。

 事件発生当初、爆発事故と誤って連絡されたため、警察、消防ともサリンに対して無防備のまま現場で救助にあたり、二次被害による負傷者も多数出ることになりました。

1995年当時としては、大都市において無差別に化学兵器が使用されるという過去に例のないテロであったため、世界にも大きな衝撃を与えた事件です。

 

1995年3月20日の日経平均株価終値は

16,129円96銭

算出開始後「3月20日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:17回

値下がり:21回

ライター:FIXJAPAN前沢ともあき