インデックスファンドへの投資がどんどん拡大しています。個人も法人もETF(上場投資信託)を含め、インデックスファンドを選ぶ傾向が強まっています。では、アクティブファンドはなぜ避けられるのでしょうか? 今回は、長期投資の観点から考えてみたいと思います。

 

インデックスファンド、アクティブファンドって?

 アクティブファンドについて書く前に、アクティブファンド、インデックスファンドについて、簡単にご説明します。

インデックスファンドとは

 株価指数などに連動した値動きを目指す運用(『インデックス運用』と言います)を行うファンドです。

 例えば、『日経平均株価』という株価指数(=インデックス)があります。この指数に基準価額が連動することを目指すファンドが、日経平均株価のインデックスファンドです。指数に連動することを目指すので、ファンドの投資対象は、原則、日経平均株価の構成銘柄となり、配分比率も指数とほぼ同様となります。

 ファンドマネージャーは、指数に近くなるように銘柄を選ぶため、個別銘柄の調査分析はしません。つまり、ファンドの運用に関わるコストは小さくなります。

 インデックスファンドへの投資は、低コストで市場並みのリターンを得ることを目的とします。

アクティブファンドとは

 インデックスを上回るリターンを上げることを目指す運用(『アクティブ運用』と言います)を行うファンドです。そのため、ファンドマネージャーは、必死になってインデックスより上がる銘柄、下がらない銘柄を探します。銘柄の選択と配分の決定が運用成績の成り行きを決しますので、その調査分析の対価として、ファンドの運用に関わるコストは大きくなります。

 アクティブファンドへの投資は、高コストを支払い、市場を上回るリターンを得ることを目的とします。

 

アクティブファンドはインデックスになかなか勝てない

 最近、インデックスファンドの人気が高まっている理由は、「アクティブファンドは、インデックスファンドに運用成績でなかなか勝てていない」ためです。米国での研究では、米国株式の代表的な株価指数であるS&P500指数に対し、アクティブファンドは大体8割ぐらいは負けています。さまざまな研究があり、計測期間により結果も異なりますが、概してアクティブファンドはインデックスファンドに勝てていません。

 アクティブファンドが勝てない原因のひとつは、インデックスに勝つためにファンドマネージャーが一生懸命に銘柄を調査分析するために高くなってしまう運用に関わるコストです。勝つためにやっていることがコスト高になり、それでも負けてしまうというのは、皮肉な話です。コストは、ファンドの運用実績にとって確定したマイナスリターンであるからです。