facebook twitter
米中間選挙と為替市場。下値と高値のメドを再点検
荒地 潤
毎ヨミ!為替Walker
毎朝配信の「毎ヨミ!為替Walker」は、プロの注目ポイントを凝縮したレポートです。 世界の主要な通貨をウォッチし、最新の為替トレンドをお届けします。 昨日のマーケットの振り返り…

米中間選挙と為替市場。下値と高値のメドを再点検

2018/11/6
「毎ヨミ!為替Walker」(平日毎朝公開)は昨日のマーケットの振り返りはもちろん、今日のドル/円を予報した「為替天気」や注目通貨の動向、マーケットの最新情報など、為替の「今まで」と「これから」がわかります。
facebook twitter メールで送る 印刷

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは113.46

下値メドは112.94

今朝の天気マークは「くもり」

天気の判定基準くわしくはコチラ

 

毎ヨミ!FXトップニュース(11月5日)

5日のドル/円の終値は113.20円

 前営業日に比べ0.01円のドル安/円高だったので、今朝の天気マークは、「くもり」です。

各国・各通貨トピックス

ドル

ナスダック大幅下落。iPhone XRの増産計画中止でアップル先導して下げる。
アマゾン、二本社制を検討。

原油先物

米国、対イラン経済制裁を再開。日本や中国は石油禁輸の一時免除認められる。
NY原油先物は前日比ほぼ変わらず。

ポンド

ポンド急上昇。英国が関税同盟に残るとの一部報道で。

ユーロ

ユーロ圏財務相がイタリアに予算案修正を呼びかけ。イタリアは応じる気配なし。

黒田日銀総裁「現在の大幅な金融緩和を粘り強く継続」。

人民元

習国家主席、米国の貿易政策を批判。「世界は保護主義に反対すべき」

主要指標終値

 

本日の注目通貨

ドル/円:113円台前半

 週明け月曜日のドル/円は113円台前半の狭いレンジでの取引となりました。東京時間午後に113.34円をつけ、NY時間に113.08円まで下押し。終値は113.20円(チャート1)

 米国の中間選挙が過ぎれば、マーケットの関心は再び貿易戦争に戻るでしょう。実際、為替市場と株式市場が何を一番気にしているかと言えば、関税問題です。トランプ大統領が先週、中国との合意は間近だと語り、貿易条件について草案づくりに入ったと伝わると、マーケットにリスクオンの火が灯りました。

 しかし、中国が唯々諾々と米国に従うと考えるのは楽観的すぎるでしょう。中国には貿易戦争を戦う体力がまだ残っているし、面子もあります。習国家主席は今後15年で40兆ドルの輸入をすると、購買力が健在であることをアピールしました。

 一方、米国の雇用統計に貿易戦争の影響は今のところ見られず、トランプ大統領も弱気になる理由がありません。中間選挙の結果次第ではさらに先鋭化することもありえます。通商交渉がまとまらなければ、中国からの全輸入品に25%の関税という事態に発展する可能性さえあり、そうなれば、マーケットは一気にリスクオフに切り替わるでしょう。

 

 では、中間選挙前に主要通貨ペアのサポート(下値支持)とレジスタンス(上値抵抗)を確認しておきます。ベースは、ウィークリー・ピボットです。

 では、まずはドル/円から。

今週のウィークリー・ピボット

第2レジスタンス114.39円
第1レジスタンス113.80円

ピボット112.79円

第1サポート112.19円
第2サポート111.18円

10月の高値は114.55円
10月の安値は111.38円
高値と安値の半値(50%)は112.963円。

 10月の終値は9月の終値に比べ0.73円のドル安/円高。

 10月の値幅は3.17円で、1日の平均値動きは0.72円。

 2018年のこれまでの高値は114.55円、安値は104.61円。半値レベルは109.58円。

ユーロ/ドル:ウィークリー・ピボットは1.1382ドル

 ユーロ/ドルは1.13ドル半ばが底固く、NY時間午後には1.1424ドルまで反発。

今週のウィークリー・ピボット

第2レジスタンス1.1535ドル
第1レジスタンス1.1462ドル

ピボット1.1382ドル

第1サポート1.1308ドル
第2サポート1.1228ドル

10月の高値は1.1623ドル
10月の安値は1.1302ドル
高値と安値の半値(50%)は1.1463ドル。

 10月の終値は9月の終値に比べ288ポイントのユーロ安/ドル高。
 10月値幅は321ポイントで、1日の平均値動きは75ポイント。
 2018年のこれまでの高値は1.2555ドル、安値は1.1301ドル。半値レベルは1.1928ドル。

 

ユーロ/円:ウィークリー・ピボットは128.50円

第2レジスタンス130.57円
第1レジスタンス129.74円

ピボットは128.50円

第1サポート127.67円
第2サポート126.43円

10月の高値は132.46円
10月の安値は126.64円
高値と安値の半値(50%)は129.55円。

 10月の終値は9月の終値に比べ4.10円のユーロ安/円高。
 10月の値幅は5.83円で、1日の平均値動きは1.05円。
 2018年のこれまでの高値は137.50円、安値は124.62円。半値レベルは131.06円。

 

ポンド:メイ首相の「密約」でポンド急上昇

 一方ポンドは大幅上昇。メイ首相が、EU(欧州連合)離脱後も、英国全体が関税同盟にとどまるという密約をEUと交わしたとの報道がきっかけ。実現すればブレグジットの最大級の問題となっているアイルランドに物理的な国境を設置するハードボーダー問題が解決するわけで、ポンドは1.3055ドル、ポンド/円は147.82円まで一気に買われました。

その他主要通貨ペアのウィークリー・ピボット

 

トレード前に必ずチェック!今日発表の重要指標!

6日:RBA政策金利、ドイツ、欧州PMIなど

経済指標過去データはこちらをチェック!

 


天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2017年は、「晴れ」89日、「雨」90日、「くもり」80日でした。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米中間選挙と為替市場。下値と高値のメドを再点検

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米中間選挙と為替市場。下値と高値のメドを再点検

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。