facebook twitter
運用者の視点:改善する『日中関係』
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

運用者の視点:改善する『日中関係』

2018/9/20
・米国やアジア周辺国との関係が悪化する中国
・改善の動きを見せる『日中関係』
・『日中関係』の一層の改善を期待
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

「マーケット・キーワード」では、弊社のアジア株式運用者が運用業務を通して気付いたり、見出したことを“運用者の視点”として定期的にお届けしています。急速かつダイナミックに変革が進む、中国・アジア地域の経済やマーケットの“今”を、独自の視点でお伝えできれば幸いです。今回は、日中平和友好条約締結40周年の節目の年を迎えた『日中関係』の改善の動きについてです。

 

【ポイント1】米国やアジア周辺国との関係が悪化する中国

 このところ、中国と、米国やアジアの周辺国との関係がギクシャクするケースが増えています。昨年は、米国の最新鋭迎撃ミサイル「THAAD」配備問題を巡って韓国との関係が冷え込みました。今年に入ると、通商問題を巡る米国との対立激化は言うに及ばず、これまで中国と比較的良好な関係を保ってきた東南アジアからも、マレーシアが、中国の広域経済圏構想「一帯一路」の高速鉄道建設の中止を表明するなど、中国との関係を見直す動きが出てきました。

 

【ポイント2】改善の動きを見せる『日中関係』

 一方、『日中関係』に目を転じると、かつてのように緊張が高まるような場面はほとんどなくなってきました。最近は、どちらかというと、中国が日本との関係改善を積極的に企図しているように思えます。その背景は、現在の国際情勢や中国が置かれた立場にヒントがあります。つまり、米国を筆頭に中国と対立、ないしは中国との関係維持に慎重になる国が増えつつある中では、中国にとって『日中関係』をさらに悪化させることは避けるべきだからです。

 

【今後の展開】『日中関係』の一層の改善を期待

 足元で、『日中関係』の改善に向けた取組みが増えています。政府間では、5月に李克強首相が来日しました。中国首相の来日は、前任の温家宝首相以来7年ぶりのことです。次は年内に日本の首相が訪中し、2019年には習近平国家主席が来日するシナリオの実現に向けて調整が進んでいると伝えられます。

 また、日中の金融協力の加速や第三国でのインフラ整備協力の具体化など、産業レベルでも協調に向けた調整が進んでいます。特に第三国でのインフラ整備協力は、日中がそれぞれの得意分野を持ち寄ることで、3カ国すべてが利益を得られる可能性が高く、日中の協調事例としては理想的な案件であると考えられます。

 今年は1978年の日中平和友好条約締結40周年の節目の年です。『日中関係』の改善を進めるには絶好のタイミングであり、一層の進展が期待されます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください運用者の視点:改善する『日中関係』

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

運用者の視点:改善する『日中関係』

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。