facebook twitter
深刻な人手不足を背景に『賃金上昇率』が加速
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

深刻な人手不足を背景に『賃金上昇率』が加速

2018/8/23
・『賃金上昇率』に加速感
・一般労働者・パートともに『賃金上昇率』は高水準
・賃金上昇が消費増の好循環につながるか注目
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

 深刻な人手不足などを背景に『賃金上昇率』に加速感が出てきました。厚生労働省が8月7日に発表した毎月勤労統計によると、6月の名目賃金は前年同月比+3.6%となりました。また2018年度の都道府県別の最低賃金の改定額も+26円の874円となり、ともに高水準の上昇となりました。一方、総務省が発表した6月の実質消費支出は5カ月連続で減少しました。賃金上昇が消費の増加につながっていくか注目されます。

 

【ポイント1】『賃金上昇率』に加速感

現金給与総額、最低賃金ともに上昇

 毎月勤労統計によると、6月の名目賃金にあたる1人当たり現金給与総額は44万8,919円となり、前年同月比+3.6%、実質ベースでも同+2.8%と、ともに21年5カ月ぶりの高い伸びとなりました。

 2018年度の都道府県別の最低賃金の改定額は、全国平均で前年比+26円の874円となり、過去最大の引き上げ幅となりました。都道府県別では時給800円以上が28都道府県となり、今回13県増えました。

 

【ポイント2】一般労働者・パートともに『賃金上昇率』は高水準

個人消費は低調

 名目賃金の内訳をみると、現金給与総額の内、基本給にあたる所定内給与は前年同月比+1.3%、所定外給与が同+3.5%、賞与が同+7.0%となりました。この要因として、企業収益の改善で支給額が増えたことに加え、賞与支給が6月に前倒しされた影響の可能性もあるとみられます。パートタイム労働者の待遇改善も進んでおり、時給は同+1.8%で一般労働者の所定内給与の同+0.9%を上回りました。

 一方で消費は低調です。総務省が8月7日に発表した6月の家計調査によると、2人以上世帯の1世帯あたり消費支出は26万7,641円でした。物価変動の影響を除いた実質で前年同月比▲1.2%と、5カ月連続で前年同月を下回りました。パック旅行費など教養娯楽関連が同▲8.2%、諸雑費も減少しました。一方、自動車等関係費といった交通・通信は同+3.4%、エアコンなど家具・家事用品は同+7.7%となりました。

 

【今後の展開】賃金上昇が消費増の好循環につながるか注目

 人口構成や働き方改革による正社員の勤務時間減少などから、人手不足が更に強まるとみられるなか、企業は好調な業績を背景に人材への投資を拡大しています。一方で将来への不安や、ガソリン、食料品価格の上昇などの影響もあり、個人消費に力強さはありません。加速感の出始めた『賃金上昇率』が、今後消費の増加につながるか注目されます。
 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください深刻な人手不足を背景に『賃金上昇率』が加速

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

深刻な人手不足を背景に『賃金上昇率』が加速

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。