facebook twitter
リスクオフに傾き始めたマーケット。ドル/円は112円手前がすでに重い
荒地 潤
毎ヨミ!為替Walker
毎朝配信の「毎ヨミ!為替Walker」は、プロの注目ポイントを凝縮したレポートです。 世界の主要な通貨をウォッチし、最新の為替トレンドをお届けします。 昨日のマーケットの振り返り…

リスクオフに傾き始めたマーケット。ドル/円は112円手前がすでに重い

2018/8/6
「毎ヨミ!為替Walker」(平日毎朝公開)は昨日のマーケットの振り返りはもちろん、今日のドル/円を予報した「為替天気」や注目通貨の動向、マーケットの最新情報など、為替の「今まで」と「これから」がわかります。
facebook twitter メールで送る 印刷

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは112.18

下値メドは110.64

今朝の天気マークは「雨」

天気の判定基準くわしくはコチラ

 

毎ヨミ!FXトップニュース(8月3日)

3日のドル/円の終値は111.26円

 前営業日に比べ0.38円のドル安/円高だったので、今朝の天気マークは、「雨」です。

  • USD:中国が報復関税発表。米国製品600億ドル相当に最大25%の税率
  • USD:中国は米国のLNG(液化天然ガス)に追加関税。米国のLNG業界に大打撃か
  • USD:クドローNEC(米国家経済会議)委員長「中国の経済や通貨は弱い」
  • USD:ロス米商務長官「中国にもっと痛みを与える必要がある」
  • CNY:中国人民銀行は、中国からの資金流出防止を目的に、人民元売り為替先物取引を規制
  • EUR:イタリア国債利回りが急騰。予算案巡る与党内の対立で再選挙の可能性も
  • GBP:カーニーBOE(英国中央銀行)総裁「ノーディール・ブレグジットのリスクは高い」

主要指標終値

※高値、安値は終値ベース

 

本日の注目通貨

ドル/円:米雇用統計はおおむね良好も、今後に不安を残す

 金曜日のドル/円は111円台で推移。欧州時間序盤に111.87円まで上げましたが、112円には届かず。雇用統計発表後には売りが強まり、111.10円まで下げました。米中の貿易摩擦に解決の糸口が見えないこともドル/円の売りを誘いました(チャート1)。

 米国の7月雇用統計は、NFP(非農業部門雇用者数)が15万7,000人の増加で、事前予想より5万人近く少ない結果となりました。ただ、夏休みシーズンという季節的要因が大きく、トレンドとしての雇用市場の強さは継続。平均労働賃金は前月比0.3%に上昇、失業率は3.9%に低下しました。

 特に目を引いたのは、製造業の雇用が3万7,000人に増加したこと。伸び率としては20年ぶりの高さで、貿易戦争の影響を感じさせない非常に頼もしい数字と言えます。問題はこの状況がいつまで続くかということ。中国は米国のLNGに関税を検討していますが、米国のエネルギー産業のレイオフ(一時解雇)が増えることも予想されます。今後の推移を見守る必要があります。

 今回の雇用統計でエコノミストが指摘しているのは、不完全雇用率が7.8%から7.5%へ、17年ぶりの水準まで下がったことです。不完全雇用とは、フルタイムの職を望みながらパートタイムで勤務する状態や、自らの技能水準以下の仕事に従事すること。この割合の縮小は米労働市場の「たるみ」が解消されていることを示しているわけで、失業率の低下よりも重要な意味を持っています。

 今週のピボットは111.38円。第1サポート110.61円、第2サポート109.96円。第1レジスタンス112.03円、112.80円。

 7月の高値は113.17円、安値は110.28円。高値と安値の半値(50%)は111.72円。

 先週の終値はその前の週に比べ0.26円のドル安/円高。

 先週の値幅は1.42円で、1日の平均値動きは0.66円。

 2018年のこれまでの高値は113.37円、安値は104.61円。半値レベルは108.99円。

 

ユーロ/ドル:6月29日以来の安値

 ユーロ/ドルは3日続落。イタリアリスクの再浮上や貿易戦争のエスカレートでマーケットのセンチメントはリスクオフ。幅広い売りでユーロ/ドルは1.16ドル前半から1.1559ドルまで下げ、1カ月ぶり以上の安値をつけました。

 今週のピボットは1.1623ドル。第1サポート1.1501ドル、第2サポート1.1437ドル。第1レジスタンス1.1687ドル、第2レジスタンス1.1809ドル。

 7月の高値は1.1790ドル、安値は1.1574ドル。高値と安値の半値(50%)は1.1682ドル。(チャート2)

 先週の終値はその前の週に比べ、91ポイントのユーロ安/ドル高。

 先週の値幅は186ポイントで、1日の平均値動きは95ポイント。

 2018年のこれまでの高値は1.2555ドル、安値は1.1507ドル。半値レベルは1.2031ドル。

 

ユーロ/円:7月5日以来の安値

 今週のピボットは129.49円。第1サポートは127.84円、第2サポート126.98円。第1レジスタンス130.35円、第2レジスタンス132.00円。

 7月の高値は131.98円、安値は128.42円。高値と安値の半値(50%)は130.20円。(チャート3)

 先週の終値はその前の週に比べ0.70円のユーロ安/円高。

 先週の値幅は2.51円で、1日の平均値動きは0.78円。

 2018年のこれまでの高値は137.50円、安値は124.62円。半値レベルは131.06円。

 

天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2017年は、「晴れ」89日、「雨」90日、「くもり」80日でした。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいリスクオフに傾き始めたマーケット。ドル/円は112円手前がすでに重い

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

リスクオフに傾き始めたマーケット。ドル/円は112円手前がすでに重い

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。