facebook twitter
ボーナスからの月2万円。将来のために貯めますか?それとも使いますか?
白石 定之
資産運用するなら押さえておきたい“投資家心理”
中学3年から証券投資を始めた著者が、29年間証券に関わってきた経験から、「資産運用の成否は“心”で決まる」と言っても過言ではないくらいに重要と見ている “投資家心理”について解説…

ボーナスからの月2万円。将来のために貯めますか?それとも使いますか?

2018/5/31
・目標は、65歳時に5,000万円
・強制的に貯める仕組みを
facebook twitter メールで送る 印刷

ボーナスからの月2万円。将来のために貯めますか?それとも使いますか? 

 夏のボーナスシーズンになりました。ボーナスは、貯めるもよし、使うもよしですが、将来のための資産形成もしっかりと考えていくとよいかと思います。

 貯めようと思って実践している人は貯まります。一方で、使ってしまって、ほとんど貯蓄がないという人もいるでしょう。今、普通に生活をしていて、年々、貯蓄が増えていない人は要注意です。働いていれば毎月収入が入ってくるので、大丈夫と思ってしまいますが、退職時に貯蓄がないと、年金だけではその後の生活を切り詰めなければならなくなります。将来のために、いつまでにいくら貯めるか、明確な目標を持っておくべきでしょう。

 

目標は、65歳時に5,000万円 

 私は、定年後に安心できる一つの目安として、65歳時に5,000万円の金融資産を作ることをおすすめしています。生命保険文化センターの「平成28年度 生活保障に関する調査」によると、ゆとりある老後の生活費は月額で平均34.9万円、一方で、厚生労働省が発表した「平成29年度の年金額改定について」によると、厚生年金(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額)は月額22.1万円となっています。その差額は12.8万円。90歳まで長生きしたとして、65歳から90歳までの25年間で12.8万円×12か月×25年=3,840万円となります。余裕分も含め、5,000万円あれば安心できるのではないでしょうか?

 しかし、「5,000万円なんて無理」と思われた人も多いでしょう。

 そこで、一部を退職金でカバーするとして考えてみましょう。厚生労働省の「平成25年就労条件総合調査結果の概況」によると、定年退職者1人平均退職給付額(勤続20年以上かつ45歳以上の退職者)は、大学卒で1,941万円、高校卒で1,673万円となっています。仮に退職金を1,800万円として、5,000万円から差し引いた3,200万円を65歳時に形成するという目標だったらいかがでしょうか?

 多少はハードルが下がりましたが、「それでも無理」という人もいるでしょう。    

 ではさらに、これまでお伝えをしてきた額は世帯でなので、共働きであれば単純に2で割って、1,600万円となります。仮に年利2%で複利計算すると、大学を卒業した22歳から定年の65歳まで、月2万円積立てていけば可能な額になります。

「月2万円の積み立て。これなら可能かも」と思われた人も多いのではないでしょうか?

 そうなのです。65歳時に5,000万円という額は、若いうちからコツコツ貯めておけば、世帯で考えると十分に可能な額なのです。

 

強制的に貯める仕組みを

 しかし冒頭でお伝えしたとおり、いくら貯めようと思っても、実践していかないとなかなか貯まりません。このため、強制的かつ一度始めたら手間がかからない形がよいでしょう。何かしなければならないとしたら、人は往々にしてやらないからです。強制的に貯める仕組み、その一つの方法が積み立てです。ボーナス時に増額して積立するのもよいですし、「つみたてNISA」を活用してもよいでしょう。

 一つの目安として、22歳から月2万円、年利2%で積み立てたらどうなるかを見てみましょう。

22歳から月2万円積立、月複利で年利2%計算

年数 年齢 元利合計
8年目 30歳 208万円
13年目 35歳 356万円
18年目 40歳 520万円
23年目 45歳 701万円
28年目 50歳 901万円
33年目 55歳 1,122万円
38年目 60歳 1,366万円

 ご自身の年齢と照らし合わせて、いかがでしょうか? 

 もちろん、退職金の額も、今、保有している金融資産も違うので、一概には言えません。このため自分の場合には65歳時に5,000万円貯めるにはいくら必要かを前もって計算して積み立てていき、不足であればボーナスも活用し、着々と目標に向けて資産形成していくとよいでしょう。

 積み立てをしていく上でも注意が必要です。マーケットは上下しているので運用資産額は上下しますが、上下しようが続けることです。マーケットが下落して資産が減ると往々にしてやめたくなる心理になりますが、実際には、下がった時ほど安く買えるので、その後、上がった時に効いてくることを十分に認識しておくことです。そして、実際に下がってやめたくなった時には「下がった時にやめたくなる心理って、このことか」と自らの心理を捉えられるようにしておくことです。

 将来、振り返った時に「コツコツと貯めておけばよかった」と後悔しないように、今から始めていきましょう。今からでも遅くありません。65歳時に世帯で5,000万円。ぜひ、この目標に向かってボーナスも活用し、資産形成していきましょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいボーナスからの月2万円。将来のために貯めますか?それとも使いますか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ボーナスからの月2万円。将来のために貯めますか?それとも使いますか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。