facebook twitter
それでも日経平均は上昇する?2020年までの相場展望
香川 睦
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

それでも日経平均は上昇する?2020年までの相場展望

2018/5/25
・株価指数は節目回復も悪材料顕在化で利益確定売り
・米国市場と日本市場の業績動向を先読みすると
・TOPIXが2020年末までに2,400なら日経平均は3万円も
facebook twitter メールで送る 印刷

株価指数は節目回復も悪材料顕在化で利益確定売り

 今週の株式市場では、米ダウ平均が週初に2万5,000ドル台を回復。為替はドル円が111円台に上昇し、日経平均も2万3,000円台に回復する堅調となりました。

 ただ、日米ともに株価指数が節目とされていた水準に達したことによる利益確定売りに加え、リスク要因が顕在化したことを受けた先物売り主導で日経平均は週後半に向け下落しました(24日)。

 株価を押し下げたリスク要因としては、

(1)「歴史的」とされていた米朝首脳会談(6月12日予定)を巡る期待が大幅に後退
(2)安倍政権の持続性を巡る不透明感が再び強まった

 これらが挙げられます。(1)については、トランプ米大統領が22日に「米朝首脳会談が予定通りに実現しない相当の可能性がある」と述べ、24日には北朝鮮外務省幹部が「米国が我々の善意を冒涜し、非道に振る舞い続けるなら、首脳会談の再考を最高指導部に提起する」と述べたことによるもの。「地政学リスクの後退」を期待していた株式やドル円には悪材料であり当面予断を許しません。実際、トランプ大統領は同日、米朝首脳会談を中止する考えを表明。24日の米国株は反落し、為替は円高・ドル安となりました(日本時間25日朝)。

 一方、国内では森友学園問題に関する財務省の文書隠し疑惑や加計学園問題を巡る疑惑が再燃。東京証券取引所の売買で約7割を占める外国人投資家が、安倍政権の信任低下やアベノミクス(安倍政権の経済政策や日銀の金融政策)の行方を案じ、売りを先行させた可能性があります。

 とは言っても、米ダウ平均も日経平均も、200日移動平均線をサポートにして回復基調を辿っている傾向に変わりはありません(図表1)。

図表1:米ダウ平均と日経平均は回復基調を維持できる?

 

米国市場と日本市場の業績動向を先読みすると

 株式相場には大なり小なりのボラティリティ(短期的変動)はつきものです。中長期的の視野でみると株価は業績に沿ったトレンドを形成していくものと考えられます。

 具体的には、ファンダメンタルズ(景気や業績)の動向を反映し、200日移動平均線や52週移動平均線をサポートにしたトレンドを辿ると見込むことができます。

 図表2は、上段グラフで米国のS&P500指数と日本のTOPIXと52週移動平均線を示し、下段グラフでS&P500指数とTOPIXそれぞれのEPS(1株当り利益)実績と市場予想平均(2018年から2020年)を示しています。

 米国では景気の拡大、歴史的な法人減税、自社株買いなどが功を奏し、2018年は前年比29.0%増益が見込まれており、19年も同10.0%増益が予想されています。日本では、期初に発表されるガイダンス(企業が示す業績見通し)が慎重気味ですが、専門家(アナリスト)が予想する2018年の業績は前年比5.6%増益、19年は同8.4%増益が見込まれています。

 日本企業の稼ぐ力(利益率)、商品力、財務内容は総じて改善しており、アジアなど海外への事業展開や株主還元(増配や自社株買い)に積極的な企業も増えています。TOPIXの業績が2020年まで増益が見込まれている点に注目したいと思います。

図表2:S&P500指数とTOPIXの業績動向(実績と市場予想平均)

注:TOPIXのEPS(1株当り利益)は2007年から17年までは実績、2018年以降は市場予想平均を表示(Bloomberg集計) 出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2018年5月23日)

 もちろん、上記した業績見通しは現時点での市場予想平均(専門家による見通し平均)です。

リスク要因としては、

(1)米景気が2018年以降も持続的に拡大するか
(2)為替相場が過度の円高に傾く可能性はあるか
(3)米中や日米の貿易摩擦は激化するか
(4)来年10月に予定されている消費税率引き上げの影響
(5)地政学リスクの顕在化と原油相場高騰の影響

などが挙げられます。

 こうしたリスク要因が顕在化すれば、業績見通しが揺れる可能性はあります。ただ、中長期の視野で業績が総じて拡大(成長)していくなら、株式は中長期で「成長性資産」の役割を果たしていくと考えられます。

TOPIXが2020年末までに2,400なら日経平均は3万円も

 参考までに、中長期の視野でTOPIXと日経平均の上値目途を試算してみます。まずは、先行きの株価を占う基本的な計算式として「株価予想=予想EPS×予想PER(株価収益率)」を使います。

 図表3は、TOPIXベースの予想EPSと予想PERのシナリオ(EPS×PER)別にそれぞれの株価目途を示したものです。過去10年(2008年以降)におけるTOPIXの予想PERは平均して17.5倍でした。特にアベノミクス相場(2013年以降)の予想PERの平均は14.8倍、標準偏差(σ)は1.3倍。統計的に「2013年以降におけるTOPIXの予想PERは13.5倍から16.1倍程度の範囲だった確率が約7割」と計算できます。

 図表3の上段に示した予想PERのシナリオは(やや保守的に)「13倍から16倍」を使っています。現在の2018年予想PERは13.9倍となっています(5月24日時点)。図表2で示したとおり、市場予想に沿ってTOPIXベースのEPSは徐々に拡大(成長)。2020年のEPSが147.74程度に成長するなら、ベストシナリオ(予想PERが16倍まで拡大)で「TOPIXは2020年末までに2,400を目指す展開」が見込めます。

 一方、前述したリスク要因が顕在化してEPSが伸び悩み、外部環境の悪化や投資家心理の委縮でPERが縮小する場合、TOPIXの上値は限られることになります。

図表3:業績見通しと予想PERでTOPIXの目途を試算する

出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成

 こうしたTOPIXのシナリオ(目途)別に、日経平均の先行きも占いたいと思います。その際、TOPIXの予想騰落率をそのまま日経平均の予想騰落率にあてはめて計算するのは適当でない可能性があります。

 そこで、「NT倍率」(日経平均÷TOPIX)の水準別に日経平均の目途を試算してみます。過去10年(2008年以降)におけるNT倍率の平均は11.75倍でした。特に、アベノミクス相場(2013年以降)におけるNT倍率の平均は12.33倍、標準偏差(σ)は0.21倍。統計的に、「2013年以降のNT倍率は12.12倍から12.54倍程度の範囲だった確率が約7割」と計算できます。

 図表4では、TOPIXのシナリオ(目途)ごとに、予想NT倍率として「12.0倍から12.6倍」を使用して日経平均の目途を試算しました。現在のNT倍率は12.6倍となっています(5月24日時点)。2020年末までにTOPIXが2,400まで上昇するシナリオの場合、NT倍率が現在と同水準であれば、「日経平均は2020年末までに3万円を目指す展開」が視野に入ってきます。

 TOPIXも日経平均も、前述したリスク要因の顕在化次第で短期的には上下動を繰り返すでしょう。ただ、「株価は業績」との格言が象徴するように、株価指数は業績見通しを反映する個別銘柄の株価の集積(平均株価)と言えます。

 業績が平均して増益基調を辿るなら、株式への「長期投資」や「積立投資(定時定額投資による時間分散)」は資産形成に寄与していくものと考えられます。

図表4:TOPIXと「NT倍率」で日経平均の目途を試算する

出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成

 

 

▼著者おすすめのバックナンバー

2018年5月18日: インバウンド関連株の堅調は続く?日中関係改善は追い風
2018年5月11日: 中東不安とナスダック反発のどちらに軍配?
2018年5月2日: 日経平均の上昇余地と下落余地を試算する
 

▼他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:高成長を背景に拡大するアジアの『eコマース』市場

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいそれでも日経平均は上昇する?2020年までの相場展望

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

それでも日経平均は上昇する?2020年までの相場展望

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。