お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ドル/円、108円奪回に失敗。106円台へ
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

ドル/円、108円奪回に失敗。106円台へ

2018/2/23
・ドル/円:106円台に失速
・ユーロ/ドル:5営業ぶりに反発
・ユーロ/円:年初来安値を更新
・カナダ/円:昨年6月以来の安値つける
・この指標を見逃すな!2月23日の注目イベント
facebook twitter メールで送る 印刷

前日(2月22日)の市場概況

ドル/円:106円台に失速

 FOMC議事録が公表された後のドル/円は107.90円近辺まで急上昇して、108円台にあと一歩に迫りました。しかし、この日は一転、ドル売りが優勢に。東京時間のうちに107円台前半へ下落しました。

 NY市場の引けにかけてダウ平均株価が急落したこと、さらに日経平均株価も200円超の大幅安となって、リスク回避ムードが強まったことが理由とされました。

 海外時間もドル売りは続き、NY時間の午後には106.59円まで下値を拡大。この日のNY株価は反発しましたが、ドル/円の反応は鈍いままで、終値は106.755円(前日比-0.977円)

 ドル/円は、先週の金曜日の105.55円から今週の水曜日までに107.90円まで戻しました。この日の終値は、ちょうど高値と安値の中間に位置します。3日かけて上昇した半分を1日で失ったことになります。、テクニカル的には、この水準は売りと買いが拮抗していると考えられています。107円方向に戻す力がなければ、一段の円高も考えられます。

 不安定な動きが続く株式市場を見てテールリスクの警戒感を高めるマーケットは、安全通貨(セーブヘブン)とされる円の買いになびいているようです。

 

ユーロ/ドル:5営業ぶりに反発

 FOMC(米連邦公開市場委員会)議事録で1.2300ドルを割ったユーロ/ドルは、1.2259ドルまで今週の安値を更新した後、1.2351ドルまで反発。

 この日はECB(欧州中央銀行)議事録が公表されました。内容は一言でいうと、「楽観的ながらも慎重」。ECBは欧州経済の見通しに自信を強めながらも、インフレ率はフォワードガイダンスを変更するほど強くないという見解で、1月のようなサプライズはありませんでした。強い買い材料ではありませんでしたが、全体的なドル売りの流れがユーロを持ち上げました。

 

ユーロ/円:年初来安値を更新

 円高の動きは、ドル/円よりもクロス円の方が強く、ユーロ/円は、131.28円まで下落して、今年の安値を更新しました。(チャート3)

 

カナダ/円:昨年6月以来の安値つける

 カナダ/円は、カナダの12月小売売上高が予想を大きく下回ったことから下落。円高も動きを加速させました。この日つけた83.82円は、昨年6月以来8カ月ぶりのカナダ安/円高水準。

 本日はカナダの1月CPI(消費者物価指数)の発表が予定されています。1月のカナダの雇用データは、失業率が悪化して雇用者数がマイナスになるという予想外の結果。この日の小売売上高も悪く、カナダ銀行(中央銀行)は再利上げに慎重になっていると思われます。その一方で、原油価格の上昇はカナダ経済のプラス要因。今夜のCPIは、カナダ銀行が来月の会合で利上げするかどうかを計る重要なデータとなるため注目です。(チャート4)

 

この指標を見逃すな!2月23日の注目イベント

欧州HICP(消費者物価指数)※改定値、カナダCPI

 

経済指標過去データはこちらをチェック!
 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいドル/円、108円奪回に失敗。106円台へ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ドル/円、108円奪回に失敗。106円台へ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。