facebook twitter
米金利上昇でドル/円は107円台を回復。しかし副作用も・・・
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

米金利上昇でドル/円は107円台を回復。しかし副作用も・・・

2018/2/21
・ドル/円:107円台に戻す
・ユーロ/ドル:3日続落。1.23ドル台前半
・豪ドル/ドル:じり安。0.78ドル台後半
・豪ドル/円:じり高。85円超えられるか
facebook twitter メールで送る 印刷

前日(02月20日)の市場概況

ドル/円:107円台に戻す

 昨日のレポートのタイトルにも書きましたが、今週のテーマは「ドルはどこまで戻るか」。この日もドル/円は堅調で、東京時間朝の106.55円から海外時間には107.37円まで上昇しました。米10年債利回りが2.90%台に強含んだことが理由。終値は107.315円(前日比+0.726円)。前日比の上げ幅としては2月2日以来。

 その一方で、米金利の上昇のせいで日本の銀行が損失を被っているとの報道も出ています。金融庁が地方銀行20行程度を対象に外債の運用状況を緊急調査したところ、急激な米長期金利の上昇を受け、調査対象の全行が含み損を抱えていることが判明。銀行が外債保有高を減らす方向へ動くことは、潜在的な円高要因となります。金利上昇は株価の圧迫材料でもあり、この日は日経平均株価、NY株価ともに下落しています。

 

 

ユーロ/ドル:3日続落。1.23ドル台前半

 ユーロ/ドルは勢いなく、1.2350ドルを下抜けて1.2319ドルまで下落。全般的なドル買戻しという理由のほかに、ドイツのメルケル首相の与党と最大野党SPD(社会民主党)との連立政権が、SPD党員の内部からの反対で、ここにきて破談になる可能性も出ていることがユーロの弱材料になっています。また、イタリア総選挙でアンチ・ユーロ政権が誕生する警戒感も高まっています。(チャート2)

 

 

豪ドル/ドル:じり安。0.78ドル台後半

 豪ドル/ドルは、先週からの支持ライン0.7890ドルをブレークして0.7873ドルまで下落。この日公表されたRBA(オーストラリア準備銀行)議事録には目新しい内容はありませんでした。「次に政策を変更する場合は、金利引き上げの可能性が高い」とRBA総裁が発言していたことで、RBAの政策方針がタカ派に向いたとの期待も一部にはありました。しかし、RBAの早期利上げに関する手がかりはなく、米金利が上昇するなか、豪ドル/ドルの魅力が相対的に薄れ売りが優勢になりました。(チャート3)

 

 

豪ドル/円:じり高。85円超えられるか

 豪ドル/円は85円手前が重く、この日の高値は84.80円まで。今週に入ってじりじりと上値を伸ばしていますが、ドル相場で動きは限定的でした。(チャート4)

 

 

この指標を見逃すな!! 2月21日の注目イベント

欧州、ドイツPMI、FOMC議事録

 

経済指標の開設については、この指標を見逃すな!をご覧ください。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米金利上昇でドル/円は107円台を回復。しかし副作用も・・・

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米金利上昇でドル/円は107円台を回復。しかし副作用も・・・

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。