facebook twitter
パラジウムの1,000ドル越えは持続可能か? ほか先週の振り返り
池水 雄一
他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!
Bruce(ブルース)レポートとは、金取引の第一人者、一貫して貴金属ディーリングに従事し、世界中のブリオン(貴金属)関係者の間でも名を馳せた池水雄一氏が執筆する、金融会社・貴金属…

パラジウムの1,000ドル越えは持続可能か? ほか先週の振り返り

2017/11/28
・パラジウムの1,000ドル超えは持続可能か?
・ゴールド再び1,300ドルに近づく
・Happy Thanksgiving Day!
・金曜日の上げ帳消し
facebook twitter メールで送る 印刷

パラジウムの1000ドル超えは持続可能か?

2017年11月27日(月)掲載分より

 先々週は1,294ドルとこれまでのレンジの上限を超えて終わり、先週は1,300ドルへのトライがあるのか注目されましたが、オープニングレベルとなった1,294ドルが高値となり、残念ながら1,300ドルへの動きはありませんでした。

 米国のThanksgiving(感謝祭) 、そして日本の勤労感謝の日が重なり、動意が薄いマーケットとなりました。

 水曜日に発表された10月のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録は若干ハト派な内容と受け取られました。12月の金利上げは、もはやマーケットに織り込み済みとなっている中、インフレ率の低い状態が長続きするというFRB(米連邦準備制度理事会)の慎重な見方は、3月の再利上げの可能性が低くなったという観測を補強し、ゴールドにとっては強材料として受け取られています。ゴールドの強気派は、今後年末のFOMC後のゴールドの上昇を予想している投資家が増えてきています。ゴールドのレンジも若干上がりつつあり、FOMCまでは静かながらも、しっかりした動きを予想します。

 ジンバブエのムガベ大統領の失脚で、南アフリカランドが14ランド台に下落していますが、プラチナは堅調です。隣国の独裁者の失脚は、ランドが下落してもプラチナにとっては強い材料となっているのでしょうか。

 パラジウムはやはり1,000ドル以上では売りたい向きがまだいるようです。ただ大きく下げるわけでもなく、そろそろロングの投資家の利食いも利食いたい人は利食ったということになるのではないでしょうか。NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)の投資家ロングポジションは依然として高いレベルにありますが、現在のファンダメンタルズと高止まりしているリースレートを考えると、これくらいがいわゆる「根雪」ポジションなのかもしれません。

 

ゴールド再び1,300ドルに近づく

2017年11月24日(金)掲載分より

 日本の勤労感謝の日と米国のThanksgivingでした。22日のロンドン、ニューヨークではドルが下げてゴールドが上昇、1,290ドルを超えたところで、FOMC議事録の公開を迎え、その内容がインフレの低さへの懸念も含んでいたことから、その後に1,294ドル前まで上昇、そこで頭を打ってその後は23日、日本、米国の休日で動きに乏しいマーケットになりました。

 米国はLong weekendとしているトレーダーが多く、おそらくこのまま週末を迎えそうです。

 またレンジの上限近辺での終わり。強気と弱気が1,280ドルで拮抗(きっこう)していると先日書きましたが、ドル安のためにゴールド買い圧力が若干優位となっています。

 パラジウムはふたたび1,000ドルを超えて上値トライ。NYMEXロングの投資家が今回はどう動くか。ここまでずいぶんと1,000ドル超えの利食いはマーケットに吸収されてきているので、そろそろもう一段の高値を目指すかもしれません。

 

Happy Thanksgiving Day!

2017年11月22日(水)掲載分より

 昨日もまたレンジの中での小動きとなりました。ニューヨークでは一時1,285ドル手前まで戻しましたが、引けはアジアとほぼ変わらない1,280ドル前後、NYダウが160ドルも上がったわりにはしっかりといえます。相変わらずのレンジ内での動き。やはりFOMCまで続きそうですね。

 明日23日木曜日が日本は勤労感謝の日ですが、米国はThanksgiving Holidayとなるため、FOMC議事録や失業保険申請件数、耐久財受注といった経済指標は今日まとめて発表されます。

 経済指標は日本時間今晩の10時半、FOMC議事録は明日の朝4時です。経済指標で今晩のニューヨークでまた動きがあるかもしれませんが、このレンジは抜けそうにないようです。これだけガチガチに上も下も固められると。マーケットにもベアとブルが同じくらいの割合でいるようです。1,265ドルを割ってゴールドは下落するというベアと1,300ドルを超えて上昇するというブル。この1,280ドル近辺はその均衡が保たれている場所というところでしょうか。

 

金曜日の上げ帳消し

2017年11月21日(火)掲載分より

 もうほとんどお約束となった突発的なニューヨークでの大きな動き。昨日もまたそれが起こりました。アジア・欧州の時間帯ではまったく動きがありませんでしたが、ニューヨークでほぼ20ドルに近い下げとなりました。金曜日に上げた20ドルをそのまま飛んだ形です。

 米経済指標がドルを上昇させたこと、原油が下がったこと、そして金曜日のニューヨークでの上げから、昨日のアジア・欧州ではまったくその買いが続かなかったこと……などがその要因と見られます。やはり大きくレンジをブレイクすることかなわず、また逆戻りです。

 金曜日にゴールドとともに上昇したシルバー、プラチナは同じように下落。金曜日大きくは上げなかったパラジウムは下げも少なめでした。しかしまた1,000ドルで頭を打った形になりました。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいパラジウムの1,000ドル越えは持続可能か? ほか先週の振り返り

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

パラジウムの1,000ドル越えは持続可能か? ほか先週の振り返り

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。