facebook twitter
相場の過熱度合いを見る「強弱レシオ」
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

相場の過熱度合いを見る「強弱レシオ」

2014/9/26
飛び石の連休を挟んだ今週の日経平均の動きですが、週初に続落した後、9月の権利付最終日の25日に窓明けで反発するなど、やや荒っぽい値動きとなっています。
facebook twitter メールで送る 印刷

飛び石の連休を挟んだ今週の日経平均の動きですが、週初に続落した後、9月の権利付最終日の25日に窓明けで反発するなど、やや荒っぽい値動きとなっています。とはいえ、25日の終値は16,374円で、先週末(19日)につけた年初来高値(16321.17円)を更新しており、前回からの上昇基調は一応継続中です。

(図1)日経平均(日足)チャート

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

理屈の上では配当落ちの85~95円分が下落することになる、翌26日以降のローソク足の形と並びが気になるところですが、今回は足元の相場に過熱感があるのかを「強弱レシオ」を使って確認してみたいと思います。そのままズバリのネーミングですが、強弱レシオは「篠原レシオ」とも呼ばれ、以前にも紹介しましたRSIと同じオシレーター系のテクニカル指標のひとつです。

通常、強弱レシオでは「Aレシオ」、「Bレシオ」という2本の線を用います。Aレシオが相場のエネルギーの強さ、Bレシオが相場の人気度の強さを表しているというイメージです。Aレシオ、Bレシオはそれぞれ以下のように計算されます。

強弱レシオの計算式

AレシオとBレシオの違いは、当日の高値(安値)との差を求める基準が当日の始値なのか、前日の終値なのかという点だけです。また、強弱レシオはRSIと同様に%での表示ですが、0~100%の範囲ではなく、100%が強弱の拮抗する中心線として見ていきます。

(図2)日経平均(日足)の強弱レシオ

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

上の図2は、日足ベースの日経平均の強弱レシオです。真っ先に目に飛び込んでくるのは、直近のBレシオの動きです。25日終了時点で828%、先週末の19日では1,631%をつけるなど、急上昇かつ激しい場面が目立っています。その一方で、同じ時期のAレシオは100%を挟んだ安定的な推移が続き、Bレシオのような大きな上昇は見せていません。

直近は前日終値から値を飛ばす「窓空け」で上昇する展開が多く、日中の取引そのものは強弱が拮抗し、先程のイメージに合わせるならば、「かなり人気化はしているが、エネルギーはあまりない」ということになります。Bレシオの見方については、「株価の上放れに伴って、Bレシオの数値が上昇前の3倍以上になったら売り」と言われていますので、目先は調整入りするサインが出ています。

確かに、値動きの面ではAレシオに見られるようにエネルギーの強さは感じられませんが、最近では東証1部の売買代金が2兆円を超える日も増えてきており、売買ボリュームの面ではエネルギーの強さが感じられるようになってきていますので、こちらはサポート要因です。

とはいえ、気になるのは、Bレシオ急上昇の要因とされる「窓空け」は、海外市場の株高・円安に拠る所が大きく、日経平均が外部要因に振り回されているとも受け取れることです。外部要因次第では思ったよりも調整が大きくなるケースも考えられるため、押し目買いのタイミングには注意が必要となりそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください相場の過熱度合いを見る「強弱レシオ」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

相場の過熱度合いを見る「強弱レシオ」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。