facebook twitter
来るべき本格的な株価上昇で利益を得るためのコツとは?
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

来るべき本格的な株価上昇で利益を得るためのコツとは?

2016/11/4
日本株は無事に10月相場を終えました。アメリカ大統領選挙など、相場が荒れる要因はまだまだありますが、今のところ日本株はゆるやかな上昇局面にあります。今のうち、本格的な株価上昇となったときにしっかり利益を得るためのコツを押さえておきましょう。
facebook twitter メールで送る 印刷

日本株は無事に10月相場を終えました。アメリカ大統領選挙など、相場が荒れる要因はまだまだありますが、今のところ日本株はゆるやかな上昇局面にあります。今のうち、本格的な株価上昇となったときにしっかり利益を得るためのコツを押さえておきましょう。

「我慢ができない」個人投資家は多い

本格的な上昇局面になっても、意外と利益をあまり上げることができない個人投資家は多いです。それは、「我慢ができない」からです。

何に我慢ができないかと言えば、「含み益の状態」に我慢ができないのです。

つまり、こういうことです。買った株の株価が順調に上昇し、10%の含み益が生じているとしましょう。当然、今売れば10%の利益が確定します。一方、もしここから株価が下がってしまったら、10%の利益は消えてなくなってしまうかもしれません。

そんな気持ちから、「ここから株価が下がってせっかくの含み益がゼロになるのはイヤだから、今売って10%の利益を確保しておこう」という判断をする個人投資家は非常に多いです。

上昇トレンドならばとことんまでついていくべき

個人投資家の多くが本格的な上昇相場で利益を上げられない理由、それはこのように「上昇初期ですぐに利食い売りをしてしまう」からです。

以前から言われているのが、個人投資家には「逆張り派」が多いということです。つまり、株価が下がったら買い、上がったら売るというスタイルです。そのため、買値から株価が10%、20%上昇すると、「もう十分」と満足したり、「すぐ下げるのではないか」と心配になったりして、小さな利で売ってしまうのです。

しかし残念ながら、株価が大きく上昇する壮大なスケールの相場では、この「逆張り」は通用しない可能性が高くなります。一旦10%、20%の利益で売却し、その後株価が下がったら買い直そうと思っても、2倍、3倍と株価が上昇し続けてしまい買い時が一向に訪れないことも多いからです。

逆に、株価が上昇トレンドにある限り保有を続ける「順張り」の発想でいれば、一度大相場に突入すれば、2倍、3倍の株価上昇をしっかり取ることが可能となります。

保有と新規買いは少し分けて考えた方がよい

このように、保有している銘柄の上昇トレンドが続く限りは保有を続けてできる限り利を伸ばすべきというのが筆者の方針です。

ただ、上昇トレンドに突入してから株価がそれなりに(30~50%ほど)上昇した銘柄について、どんどん積極的に新規買いをしていってよいのかというと判断が難しいといわざるを得ません。

なぜなら、本格的な上昇相場にならなければどうしても株価がどこかで頭打ちになってしまい、高値で買った場合は結局損切りを余儀なくされてしまうケースも多いからです。

ですから上昇トレンド入りしてからすでに時間がたっていて株価が大きく上昇している銘柄ばかりを新規買いするのではなく、直近になって上昇トレンドに転換した銘柄についてもある程度買うようにしておくことが無難です。

個別銘柄の動きを日々ウォッチしていれば、上昇トレンド転換した直後の銘柄を見つけることは可能です。

流行を追いかけるか、我が道をいくか

株式投資とファッションは似ているところがあります。それは、その時々により「流行」があるということです。

最近の日本株にも「流行」があります。ここしばらくは円高の傾向が続いていたため、好業績が続く内需系銘柄に強い動きが目立ちます。でも、内需系銘柄の中でも今年7月上旬ごろに高値をつけた内需系優良株については、まだリバウンドの域を超えておらず、中には全く上昇できていない銘柄もあります。

つまり、同じ好業績内需系銘柄であっても、銘柄ごとに株価の動きは大きく異なっているということです。

一方、個人投資家に人気の高い中低位株や新興市場銘柄はサッパリ上昇しないものも目立ちます。筆者も日々400銘柄程度の株価チャートをみていますが、中低位株や新興市場銘柄の中には、好業績の予想にもかかわらず株価が反転する兆しがなく、下降トレンドが続いているものも少なくありません。

こんなとき自らの信念を貫き、今は不人気であってもやがて日の目を見ることを信じて保有を続けるのか、それとも強い銘柄についていくのか・・・、筆者であれば強い銘柄についてしまいがちですが、突然物色の対象が変わることも多々あります。そうなれば高値圏で買ってしまったということになり、損切りによる損失も覚悟しなければなりません。

そのため、筆者は上昇トレンドに転じているならば、不人気で安値圏に放置されている銘柄であってもある程度買っておくようにしています。本当の大相場が来れば、そうした出遅れ銘柄にも資金が回り、大きく上昇することになるからです。

<おしらせ>

Facebookページを開設しました。コラムやブログ更新のお知らせ、セミナーのご案内の他、話題の資産運用関連や相続関連のニュースに対する筆者のコメントなども記載しております。ぜひご覧いただき「いいね!」を押していただければ幸いです。

公認会計士・税理士足立武志 Facebookページ

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください来るべき本格的な株価上昇で利益を得るためのコツとは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

来るべき本格的な株価上昇で利益を得るためのコツとは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。