お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
日銀の金融政策がマーケットに与える影響と今後の投資戦略
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

日銀の金融政策がマーケットに与える影響と今後の投資戦略

2016/10/20
手詰まり感が出てきた日銀による各種の金融緩和施策。前回の会合では「テーパリング懸念」も出てきており、今後の政策スタンスの変更にも注意が必要です。今回は、最近の金融政策とそれに伴うマーケットへの影響、それらを踏まえた投資戦略について考えてみたいと思います。
facebook twitter メールで送る 印刷

手詰まり感が出てきた日銀による各種の金融緩和施策。前回の会合では「テーパリング懸念」も出てきており、今後の政策スタンスの変更にも注意が必要です。今回は、最近の金融政策とそれに伴うマーケットへの影響、それらを踏まえた投資戦略について考えてみたいと思います。

マーケットはマイナス金利の効果を疑問視している

前回の日銀金融政策決定会合の結果が発表されたのは9月21日でした。そこでは、懸念されていたマイナス金利の深掘りが見送られたことを受け、銀行株が一斉に反発しました。

マイナス金利の拡大により銀行の業績が悪化する懸念がもたれていましたが、ひとまずは日銀の決定を好感した形です。

もしマイナス金利が拡大されたらマーケットはどういう反応をみせたか、これは想像する他ありません。でも、マイナス金利拡大見送りをマーケットは好感したわけですからこれとは逆の動き、すなわち株価下落の方向に向かっていったのではないかと思われます。

マイナス金利の目的は、貸出金利の低下により貸し出しを増やすことにあるはずですが、本来の目的が達成されず、様々なところで悪影響が出ています。銀行の業績悪化懸念、生命保険会社の運用難、そして一般の企業においても退職給付債務の増額による財政状態の悪化が懸念されることは以前のコラムでもご紹介したとおりです。

金融緩和をしても景気も物価も浮揚しないという実態

日銀は2013年4月以降、異次元の大規模な金融緩和を続けているわけですが、その一方で、銀行には日銀への当座預金を中心としたいわゆる余剰資金が大量に積み上がっています。

つまり、いくら日銀が金融緩和を続けても、貸し出し需要が乏しいため、緩和マネーが銀行から市中に流れずに滞留してしまっているのです。

本来は、緩和マネーが貸し出しを通じて民間企業に回り、企業が設備投資をすることで景気を浮揚させることを目論んでいたのでしょう。でも現在、日本国内には魅力的な投資対象がないため、企業が借金をしてまで設備投資をするニーズがそもそも生まれてこないのです。

日銀は、こうした事態を打開するためにマイナス金利の導入に踏み切ったのでしょうが、残念ながらいくら金利を低下させたところで、「お金を借りて設備投資したい」というニーズがないのですから、悪影響ばかりが目に付くようになってしまったのです。

マーケット参加者も、以前は日銀の新たな金融緩和によるマーケット浮上に期待していましたが、最近では金融緩和の手詰まり感から、多少あきらめムードも感じられます。今後は、よほどのサプライズが起きない限り、金融緩和により円安・株高の状態に持っていくのは難しいと思われます。

今回の会合結果で「引き締め=円高・株安」となることを改めて確認

9月21日の会合では、国債買い入れにつき、それまでの「量」による対策から「金利」を重視した対策にスタンスを変更しました。このことが、市場参加者のテーパリング(国債買い入れ額の減少)懸念を引き起こし、円高・株安となりました。

その後すぐマーケットは持ち直しましたが、今回のマーケットの反応をみると、日銀が金融緩和を縮小したり、引き締めに動いた場合は、「円高・株安」となることが改めて確認できました。

実際、9月下旬から日銀は国債の買い入れ額を減額しています。現時点では、減額が小幅なこともあり、マーケットでは特に材料視されていませんが、仮に10年物国債の金利がマイナス方向に傾くようであれば、買い入れ額をさらに減額することを次回以降の会合で決定するかもしれません。

国債買い入れ額の減額は、金融緩和の規模を縮小させることを意味します。国債買い入れの状況については日銀のホームページでも見ることができますし、インターネットのニュースでも随時配信されているようですので、日銀のスタンスに大きな変更がないかどうか、注目しておきましょう。

日銀のETF購入により多少ゆがみが感じられるマーケットの動き

日銀は年間6兆円のペースでETF購入を行っていますが、この影響なのか、最近のマーケットに多少ゆがみが感じられます。

具体的には、円高が進行しても以前ほど日経平均株価は下落しなくなった代わりに、円安が進んでも日経平均株価はあまり上昇しなくなった、という点です。

やはり、株価が下落した局面で日銀のETF買いが発動する一方、株価が上昇していればETF買いが入らないための影響と思われます。

そう考えると、日銀のETF買いは「株価の下支え」が主な役割であることを改めて実感させられます。

この結果、日経平均株価のここ最近の値動きをみると、下値も堅いものの、上に抜けそうかなと思うとすぐに押し戻されてしまうという方向感のないボックス相場の動きとなってしまっています。

その一方、個別銘柄の動きをみると、東証1部銘柄で年初来高値を更新するものが100を超える日も出てきており、日経平均株価がボックス相場だからといって、全ての銘柄が同じように方向感のない動きになっているわけではありません。個別銘柄を重視する動きがより深まっているということがいえるでしょう。

日銀の金融政策いかんで株価が振り回されない銘柄を投資対象にすべき

上記をまとめると、以下のとおりとなります。

  • よほどのサプライズが出てこない限り金融緩和による円安・株高は限定的
  • 金融緩和の縮小・引き締めは円高・株安方向に動く
  • 日銀のETF購入に伴い、円高になっても日本株が下がりにくくなった反面

円安になっても上がりにくくなっている

当面の戦略としては、日銀の政策がどう変更されたとしても業績に影響を与えないような銘柄への投資を中心にしていけばよいのではないかと思います。例えば、円高になっても業績への悪影響がなく、デフレにより業績を伸ばすことができている銘柄です。日々の年初来高値更新銘柄をウォッチしていれば、どういうジャンルの銘柄が今買われているのかが見えてくるはずです。逆に、株価が安いといって上昇していない銘柄を先回りして買い仕込もうとしても、日の目が当たらなければいつまでたっても株価が上昇しない、ということになりませんので注意したいものです。

<おしらせ>

Facebookページを開設しました。コラムやブログ更新のお知らせ、セミナーのご案内の他、話題の資産運用関連や相続関連のニュースに対する筆者のコメントなども記載しております。ぜひご覧いただき「いいね!」を押していただければ幸いです。

公認会計士・税理士足立武志 Facebookページ

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日銀の金融政策がマーケットに与える影響と今後の投資戦略

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日銀の金融政策がマーケットに与える影響と今後の投資戦略

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。