facebook twitter
ケース別・決算発表後の新規買いのタイミングや注意点
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

ケース別・決算発表後の新規買いのタイミングや注意点

2016/5/26
今回は、決算発表が出そろった後の新規買いのタイミングにつき、決算発表直後の株価の動きごとにケース分けして筆者の手法を説明します。ただやみくもに欲しい銘柄を買うというだけでは、失敗したときの損失も大きくなってしまいますから、その点にも十分留意した手法となっています。
facebook twitter メールで送る 印刷

今回は、決算発表が出そろった後の新規買いのタイミングにつき、決算発表直後の株価の動きごとにケース分けして筆者の手法を説明します。ただやみくもに欲しい銘柄を買うというだけでは、失敗したときの損失も大きくなってしまいますから、その点にも十分留意した手法となっています。

<ケース1>決算発表直後に大きく買われた場合

当期の好調な業績予想等が好感されて、決算発表直後から大きく買われる銘柄は少なくありません。そうなると、株価が25日移動平均線から20%、30%と大きく上方にかい離してしまうこともあります。

しかし前回のコラムでもお話しした通り、決算発表直後の株価の急上昇は、表面的かつ信頼度が高くない「業績予想」というものをよりどころにしているわけですから、その後株価が下落するおそれも踏まえた投資行動をすべきです。

具体的には、新規買いした後25日移動平均線を割り込んで損切りとなったときの損失率が大きくならないよう、25日移動平均線からの上方かい離10%以内での買いにとどめ、それ以上にかい離した場合は新規買いしない、という方針です。

その後株価が落ち着いてきて、25日移動平均線からのかい離率が小さくなったら、新規買いを検討すればよいでしょう。

もし、押し目を作ることなくどんどん株価が上昇してしまった場合は、縁がなかったと思ってあきらめましょう。

高値掴みとなってしまってもよいからどうしても買っておきたいという場合は、高値掴みにより損失が大きく膨らむことを覚悟のうえ投資するようにしてください。

<ケース2>決算発表で大きく売られた場合

筆者個人的には、ケース1よりも、こちらの方が良い銘柄をできるだけ安く買えることが多いため、成功しやすいと思います。

決算発表直後に大きく売られるケースの最たるものは、当期の業績予想が、市場参加者にとって期待外れの数値だった場合です。多くは、上昇トレンドだった株価が一気に25日移動平均線を割り込み、下降トレンドに転じてしまいます。

しかし、下降トレンドに転じてしまったからといって、その銘柄はもうダメだ、と決めつけるのは早計です。株価が下向きに反応したのは、あくまでも企業が発表した業績予想がよりどころです。業績予想の信頼度は高くないという点を忘れてはなりません。

特に、毎年のように増収増益を続けてきた銘柄が減益の予想を出したり、利益の伸びが落ち込むような予想を出したことにより大きく売られた場合、その後の株価のウォッチは継続させるべきです。単に予想が保守的なだけだったり、減益要因が一時的なものや前向きな要因である場合が多いためです。

そして、プロ投資家が分析の結果、減益予想や利益伸び悩みの予想を出していても長期的な成長性に問題ないと判断すれば、少しずつ買いが入ってきます。その結果、下降トレンドだった株価が25日移動平均線を上回り、上昇トレンドに転じてきます。

個人的には、増収増益を続ける成長株が決算発表により一時的に大きく売られたものの、再度上昇トレンドに転じた局面で新規買いすると、成功する可能性がかなり高いと感じています。

なお、ご自身でのファンダメンタル分析に自信があり、今後の企業の成長性・ポテンシャルからみて明らかに株価が売られすぎ、と感じた場合は、下降トレンドの時点でのフライング買いも一策です。ただ、自身の考えが誤っていることもあり得ますので、直近安値割れを損切り価格に設定するなど損失拡大回避のための自衛策も講じておくようにしましょう。

<ケース3>決算発表でも株価の変動がトレンド転換までに至らなかった場合

意外に多いのが、決算発表を受けても株価がそれほど大きく変動せず、株価のトレンドも転換しなかった場合です。この場合は、通常どおりのやり方で新規買いすれば問題ありません。具体的には次のとおりです。

  • 下降トレンドにある場合は新規買いしない
  • 上昇トレンドにある場合は新規買い可だが、25日移動平均線からのプラスかい離が大きい(おおむね10%超)の場合は、損切りとなった場合の損失が大きくなってしまうのでできるだけ新規買いは控える

<ケース4>テーマ株・材料株の場合

テーマ株・材料株は、現在のマーケットで注目されているテーマや新技術などに関連した銘柄で、将来の業績に対する漠然とした期待感から大きく買われている状態のものをいいます。

テーマ株・材料株の特徴は、「足元の業績に関係なく将来の期待感により買われている」という点です。

そのため、決算発表によって現実を突きつけられた結果、期待感が剥落して株価が大きく下がってしまうことがよくあります。

しかし、もともとが足元の業績とは関係なく上昇していたわけですから、株価の下落が一巡すると、再度株価が上昇に転じることが少なくありません。もちろん、決算発表をきっかけにして株価が急落した後も下落を続けることもありますから、株価の動きを見たうえで適切に売買することが必要です。具体的には次のような対応となります。

テーマ株・材料株の具体的対応法は?

  • 大きく売られたが上昇トレンドのままの場合

テーマ株や材料株は直近の株価上昇で25日移動平均線から大きく上方にかい離し、新規買いのタイミングがなかなか来ないことがよくあります。そんな中で決算発表により大きく下落したものの、25日移動平均線を割り込むまでは行かない場合は新規買いタイミングとなります。かい離率が10%以下になった場合は好機です。

  • 大きく売られて下降トレンドに転じた場合

①と異なり、決算発表後に大きく売られて下降トレンドになった場合は、再度25日移動平均線を上回って上昇トレンドに転じてから新規買いするのが無難です。こうしないと、株価の下落が止まらない場合に損失が大きく膨らんでしまうからです。もともとテーマ株・材料株は足元の業績からみてかなり割高に買われていることが多く、期待感がはげ落ちた場合、株価の下落も非常に大きくなりがちな点には十分注意してください。

  • 大きく買われた場合

テーマ株・材料株として買われている一方、業績予想も好調である場合、決算発表により株価がさらに大きく買われ、25日移動平均線からのかい離率が拡大してしまうこともあります。こうなったら高値掴みの可能性も考え、押し目待ちに徹するのが無難です。あまりにも株価が大きく上昇したならば、あきらめて他の銘柄を探しましょう。

決算発表直後は株価が大きく変動し、適切な売買タイミングが取りづらくなりますが、決算発表からしばらく経過した今の時期であれば、株価の乱高下もなくなり落ち着いてきて、売買がしやすくなってきます。

将来のお宝銘柄はまだまだたくさんあるはずです。決算発表が終わったこの時期だからこそ、適切なタイミングで投資して将来への種まきをしておきたいものです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいケース別・決算発表後の新規買いのタイミングや注意点

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ケース別・決算発表後の新規買いのタイミングや注意点

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。