facebook twitter
ここからが本番!決算発表終了後の銘柄選びと買いタイミング
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

ここからが本番!決算発表終了後の銘柄選びと買いタイミング

2016/5/19
激動の平成28年3月期決算発表もようやく終わりました。ここから次の四半期決算までは、決算発表によるサプライズもなく、突発的な急落などが少なくなるため投資しやすい環境が到来します。そこで今回は、決算発表後の銘柄選択や新規買いにあたり留意しておきたい点をお話ししたいと思います。
facebook twitter メールで送る 印刷

激動の平成28年3月期決算発表もようやく終わりました。ここから次の四半期決算までは、決算発表によるサプライズもなく、突発的な急落などが少なくなるため投資しやすい環境が到来します。そこで今回は、決算発表後の銘柄選択や新規買いにあたり留意しておきたい点をお話ししたいと思います。

前年度とほぼ同じ利益水準だった今年度の決算

先週末をもって、3月決算企業の平成28年3月期本決算の発表が終わりました。ふたを開けてみれば、平成28年3月期の利益水準は平成27年3月期とほぼ同程度にとどまり、伸び悩みが鮮明となりました。この大きな要因として挙げられるのが、今年に入ってからの急速な円高です。

しかし、利益が伸び悩んだのは上場企業全体でみた話であって、個々の企業に目を向ければ、過去最高益や大幅増益を達成したものも数多くあります。その意味では、上場企業全体の利益が伸び悩んでいることを憂う必要はありません。

大事なのは「過去の結果」ではなく「将来どうなるのか」

ただ忘れてはならないのは、平成28年3月期はすでに「過去の話」だということです。株価は将来の業績を織り込んで動くものです。いくら平成28年3月期が好調であっても、平成29年3月期が伸び悩んだり、大幅な減益になってしまっては、株価の上昇も期待できなくなってしまいます。

そこで注目すべきは、平成29年3月期の業績予想です。例えば、平成29年3月期が増収増益の好業績予想であれば、それを好感して株価が大きく上昇することが期待されます。また、平成28年3月期の業績が振るわなくとも、平成29年3月期予想が好調であれば、見直し買いによる株価上昇ということになります。

逆に、いくら平成28年3月期の業績がよくとも、平成29年3月期の予想が大幅な減益ならば、株価が大きく下がってしまうことになりかねません。

決算発表直後の株価の動きは「イレギュラー」になりやすい

皆さんも、決算発表直後の株価が突如急騰したり、逆に急落するのを目の当たりにしたことでしょう。実は、業績予想等の数値をもとにプログラム売買をしている投資家や、それに追随する短期筋の参戦により、決算発表直後は思わぬ株価の動きをすることが少なくありません。

しかし、プログラム売買や短期筋の仕掛けは、業績予想の中身まで詳細に見たうえで実行されているわけではありません。あくまでも、増収増益予想とか減益予想という「表面的」な数値のみをもって株価が動いてしまっているだけです。

例えば、減益予想が一時的かつ前向きな理由によるものであったとしても、発表直後は「減益」という表面的な数字だけがとらえられ、株価が短期間に大きく下落してしまうことが少なくないのです。

業績予想の信頼性は高くない

もう1つ、企業が発表した業績予想の信頼度は高くないという点にも注意しなければなりません。

はっきり申し上げて、当期業績予想と同じ水準で実際の決算が着地することはほとんどありません。それほどまでに、業績予想とは難しいものなのです。

また、企業によって、いつも強気の予想をぶち上げておいて結局下降修正をするようなところもあれば、万年弱気の予想を出しておきながら、ふたを開けてみればしっかりと増収増益になる、というところもあります。

そのため、単に企業が発表する業績予想を鵜呑みにして銘柄選択を行い実際に投資を実行した結果、思わぬ損失を被る恐れが多々ある点には十分な注意が必要です。

業績予想が妥当かどうかはこれからの株価に現れてくる

実は、企業が発表する業績予想が妥当かどうかが株価に現れてくるのは、決算発表が終わった後のまさにこれからなのです。アナリストをはじめとしたプロ投資家が、各企業から出そろった決算資料等をもとにこれから分析をして、投資判断を行うためです。

アナリストは、企業が発表した業績予想の数値の妥当性を分析します。その結果、企業側が減益予想だったり、成長鈍化の予想を出していたとしても、その予想が保守的であると判定されれば、プロ投資家の買いが入ります。その結果、移動平均線を大きく割り込んだ株価が反転し、上昇トレンドに復帰し、さらなる上値を目指していくことになります。

以上の点をまとめると次のようになります。

  • 決算発表直後の株価の乱高下は業績予想の表面的な数字のみをもとに生じている
  • 業績予想の数値自体も信頼度が高くない(経営者の思惑も入りやすい)
  • 決算発表直後に株価が乱高下したその後の株価の動きこそが重要

なぜ決算発表後の新規買いが有利なのか?

筆者は、以前ブログ(「公認会計士足立武志ブログ」)にて、決算発表を控えている銘柄を新規買いすることはできるだけ避け、決算発表後の株価の動きを見たうえで投資するかどうかを判断した方が良い、と書きました。その理由には2つあります。

1つは、上で述べたように、決算発表直後は、業績予想の表面的な数字だけを根拠に短期筋が買い仕掛けないし売り仕掛けを行うため、株価がごく短期間に大きく乱高下してしまいます。しかしながらこの動きを事前に予想することができないために思わぬ損失を被ってしまう恐れがあるからです。

もう1つは、株価がここから上昇する可能性が高い銘柄を見つけやすくなるという点です。

仮に業績予想の数値が思わしくないため決算発表直後に大きく売られた銘柄であっても、決算発表後のプロ投資家による独自分析の結果、業績予想が保守的とか、減益が一時的かつ前向きな理由であり、株価が割安と判断されれば彼らの買いによって上昇トレンドに転じることになります。

さらに、プロ投資家は運用する資金が多額のため、必要な数量を一度に買うことはできず、時には何カ月にもわたり少しずつ買っていきます。

そのため、長期間にわたって需給の改善された状態が続き、株価の上昇トレンドが長期間続く可能性が高くなります。また、次の四半期決算まで株価を大きく動かすような重要な発表もあまりないことから、上昇トレンド転換初期に新規買いすれば、株価が大きく上昇することが大いに期待できるのです。

次回は、決算発表直後の株価の動きごとにケース分けをして、新規買いのタイミングや注意点をお話ししたいと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいここからが本番!決算発表終了後の銘柄選びと買いタイミング

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ここからが本番!決算発表終了後の銘柄選びと買いタイミング

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。