お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
27年ぶり日経平均株価12連騰!2万円台相場を総点検する
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

27年ぶり日経平均株価12連騰!2万円台相場を総点検する

2015/6/11
日経平均株価が27年ぶりに12連騰となるなど、明るい話題に事欠かない最近の日本株。一方で日本株のバブル化を危惧する声も聞こえてきます。そこで今回は、日経平均株価2万円台が定着しつつある日本株を、いくつかの角度から点検してみたいと思います。
facebook twitter 印刷する

日経平均株価が27年ぶりに12連騰となるなど、明るい話題に事欠かない最近の日本株。一方で日本株のバブル化を危惧する声も聞こえてきます。そこで今回は、日経平均株価2万円台が定着しつつある日本株を、いくつかの角度から点検してみたいと思います。

「時価総額のバブル期超え=今の日本株はバブル」という見方は正しいのか?

日経平均株価12連騰とともに最近話題になっているのが、東証1部上場企業の時価総額が600兆円を突破し、バブル期のそれを超えたというものです。これをもって、今の日本株はバブルだと騒いでいる専門家もいますが、その考え方は正しいのでしょうか。

まず、バブル期と現在とで、上場銘柄数は大きく異なります。現在の東証1部上場銘柄数はバブル期より6割ほど増えています。銘柄数が増えれば時価総額もおのずと増えていくものですから、上場銘柄数増加を加味した実質的時価総額は600兆円÷1.6=375兆円程度と考えることができます。

また、日経平均株価のバブル時の最高値は38,957円44銭、TOPIXは2,886.50ポイントです。6月5日の終値は、日経平均株価が20,460円90銭、TOPIXが1,667.06ポイントですから、現在の日経平均株価やTOPIXの水準は、バブル当時には全く及ばないことが分かります。

これらから考えると、多少バブル気味といえなくもないが、1989年のバブルから比べればその規模はまだまだ小さいといえるでしょう。

一方で、こんなものもあります。俗に「バフェット指標」と呼ばれているもので、株価の時価総額がその国のGDPを上回るとバブルであるというものです。この指標に照らし合わせると、日本のGDPはおよそ500兆円、対して時価総額は600兆円ですから、すでに日本株はかなりのバブルであるということになります。

バブル相場と業績相場が混在する日本株

以前のコラムにて、今の日本株がバブルかどうかを筆者なりに検討しましたが、今一度再確認してみたいと思います。

まず、上場企業の業績は相変わらず好調であり、2016年3月期の予想利益をもとにした日経平均株価のPERは16.5倍程度です。過去のバブル相場ではPERはこれよりはるかに高かったことから考えれば、日本株はバブル相場ではなく、業績相場である(つまり企業業績にもとづき株価が形成されている健全な相場)ということができます。

しかしその一方で、需給面から考えると大きな後押しがあることが分かります。まず、世界的な金融緩和により行き場を求めたマネーが日本株に大量に押し寄せていることは、外国人投資家が日本株を大きく買い越している事実からも分かります。さらに、日本銀行のETF買いやGPIFの日本株投資比率拡大など、株の買い手が豊富に取り揃っている状況です。金融緩和により世界中にマネーが有り余っているという面からみれば、そのマネーの恩恵を受けて株価が大きく上昇している日本株はバブル相場であるといえるでしょう。

もし、企業業績が好調であっても、日本株の買い手が少なければ日本株は上昇しません。仮に、アベノミクス相場が始まって以降日本株を大量に買い越している外国人投資家が一斉に売りに回ったとすれば、業績が好調であることなどお構いなしに株価は大きく下落するでしょう。

これらから考えると、今の日本株は、企業業績という面では決して買われ過ぎではないものの、国内外の豊富な買い手に支えられているという二面性を併せ持つ相場ということができます。

27年ぶりの日経平均株価12連騰が意味すること

日経平均株価12連騰を受け、専門家の間では、ここからの株価下落に注意すべきとの声が多く聞こえてきます。しかし、筆者はそれとは異なることを考えています。

もちろん、12連騰の後ですから、短期的には多少の調整が入るのは当然ですが、もう少し長い目でみたとき、これからの日本株はバブル崩壊後の長期下落相場とは次元の違う上昇相場になる可能性さえあると思っています。

「日経平均プロフィル」というサイトがありますが、この中に日経平均株価の連騰記録が掲載されています。ここには9位タイである10連騰を記録した期間までが載っているのですが、これをみると、今回12連騰を達成するまで、バブル崩壊後は10連騰以上を一度も達成していなかったことが分かります。

ちなみに連敗記録を見てみると、ランキングに掲載されている上位20位のうち、なんと8回がバブル崩壊後に記録したものです。ただし、アベノミクス相場が始まって以降はランキングに載るような連敗記録はありません。

バブルが崩壊した1990年以降の日本は、言うなればデフレ相場です。デフレ相場では日経平均株価が10連騰するような力がなかったのです。それが今回、バブル崩壊後初めて10連騰以上を達成したということは、デフレ相場の終焉を象徴した出来事なのではないかと個人的には思っています。もし、今後日経平均株価の10連騰以上の記録を達成することが何度も起きたなら、その思いは確信に変わらざるを得ないのではないでしょうか。

売り越しの続く個人投資家、買い越しの続く外国人投資家

アベノミクス相場が始まって以降、個人投資家は一貫して日本株を売り越し、逆に外国人投資家は一貫して買い越しています。

この流れは今年についても同様で、4月には外国人投資家は何と2兆円近くも買い越しているのに対し、個人投資家は1兆5千億円もの売り越しです。5月に入ってからも同じような傾向が続いています。

日経平均株価が20,000円を超えてもなお「外国人投資家買い・個人投資家売り」の構図は変わっていません。この事実は何を意味しているのでしょうか。
おそらく、個人投資家はアベノミクス相場以降大きく上昇した株価をみて、「すでに大きく上がったのだからもうそろそろ下がるだろう」と判断して保有株を売っているのでしょう。逆に外国人投資家は、日経平均株価20,000円をもってしても、「まだまだ日本株は上がる」と判断して株を買い増ししているのではないでしょうか。

高所恐怖症の個人投資家と日本株への強気継続の外国人投資家、どちらが正しいのかは後になってみないと分かりませんが、個人投資家の判断は、全体でみれば誤っていることが多いという過去の経験則から考えると、筆者は外国人投資家側に立ちたいと思います。

当面注意しておくべき株価下落要因

もちろん、筆者個人的には強気を維持しつつも、株価が下落する要因を事前にピックアップしておき、実際に株価が下落を始めてトレンドが転換した場合は保有株は一旦売却しておくべきと思います。何しろ、2012年終わりから始まったアベノミクス相場では、日経平均株価が2倍以上になっていますし、個別銘柄をみれば安値から10倍以上になった銘柄がゴロゴロしています。もしここから中長期的な下落相場に転じてしまえば、保有株の株価があっという間に半値以下になってしまうことも十分考えられるからです。

現時点で株価下落要因として思いつくのは、ギリシャ問題・中国の経済や内政問題・アメリカの利上げといったところです。特に、アメリカの利上げについては、世界的な株高をもたらした大きな要因である金融緩和の流れが、少なくともアメリカにおいては金融引き締めに変わることを意味しますから、市場参加者が思っている以上のインパクトがあるかもしれません。

しかし、日本株に実際にどの程度影響があるかどうかはその時になってみないと分かりませんし、アメリカが利上げとなれば、ドル高・円安の方向に引っ張られると思われますから意外と日本株は下がらないかもしれません。どのみち、事が何も生じていない今の時点で株価がどれだけ影響を受けるか論じても無意味ですから、保有株の株価が下降トレンドに転じたら一旦売却しておく、という心の準備さえしておけば問題ないでしょう。

ご案内

筆者のベストセラー「ファンダメンタル投資の教科書」が電子書籍になっています。
楽天kobo電子書籍WEB上で6月9日(火)~6月16日(火)期間限定30%オフ特別セールを行うそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください27年ぶり日経平均株価12連騰!2万円台相場を総点検する

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

27年ぶり日経平均株価12連騰!2万円台相場を総点検する

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。