お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
騰訊控股(トウジンコウコ)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

騰訊控股(トウジンコウコ)

2010/11/25
IMプラットホーム「QQ」のオープン化を計画か、短期的にはマイナス影響も
facebook twitter 印刷する

IMプラットホーム「QQ」のオープン化を計画か、短期的にはマイナス影響も

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
00700 騰訊控股(トウジンコウコ) 168.1 HKD
(11/25現在)
 株価
 企業情報
 チャート

『Sina Technology News』が24日伝えたところによると、騰訊控股の馬化騰会長は業界フォーラムの席上、向こう半年間を過渡期と位置づけ、ソーシャル・ネットワーキング・サービスをオープン型に移行させる方針を示した。また、同時にインスタントメッセンジャー(IM)サービス「QQ」のオープン化を準備していることを明らかにした。他社のアプリケーションなどを閉め出すクローズド型とは対照的に、オープン型は他社製品との相互利用が可能となるシステム。オープン・プラットホーム化に伴い、6億人強のアクティブユーザーを抱えるQQはこの先、他の中小企業とユーザーベースを共有することになる。

BOCIはQQのオープン化が長期的にプラスになると評価。膨大な数の第三者アプリケーションと収入を共有することで、最近増加している「敵対的競争」リスクが軽減するとの見方を示した。ただ、これまではクローズド型を採用し、自社でアプリケーションの大半を開発してきた同社にとって、オープン化は短期的に痛みをもたらす見通し。BOCIはIMアプリケーション事業の再編を迫られる可能性を指摘している。また、QQを含むインターネット付加価値部門(ゲーム事業を除く)の売上構成比は2010年7-9月期に約30%。オンラインゲーム事業を除けば、同社にとっては唯一、成長性を持続している事業部門となるが、BOCIはオープン化への過渡期において同部門の売上高が落ち込む可能性に言及している。

同社最大の魅力は6億人規模のユーザー基盤を持つIMプラットホームQQの成長潜在力であり、投資家はオープン化に伴い、同社バリュエーションの再考を求められる可能性がありそうだ。オープン化が実現すれば、第三者のアプリケーション開発者が同社のQQプラットホーム上で製品・サービスを提供することができるようになる。BOCIは中国ではほかに、通信キャリア3社のチャイナ・モバイル(00941)、チャイナ・テレコム(00728)、チャイナ・ユニコム(00762)も同様のオープン化戦略を進めている点を指摘。加入者1人当たり収入、加入者1人当たりEV(企業価値)を考慮した場合、騰訊控股の株価は明らかに、通信セクターの他の「オープン・プラットホーム・プロバイダー」を上回るとしている。

BOCIは現時点で目標株価を据え置き、同社株価の先行きに対する弱気の見方を継続している。ブルームバーグのコンセンサス予想(11月25日現在)によると、同社の2011年通期の予想EPSは前年比32%増。BOCIは市場の期待値の高さを理由に、同社決算の下振れリスクを指摘した。また、中国工業・情報化部が現在、調査を進めていることを理由に、政府当局によるネット関連規制の動きが同社およびセクター全般の短期的なリスク要因となる点に言及している。

のではなく、また特定の投資家に対し特定の銘柄、投資戦略を勧めるものではありません。また掲載されている投資戦略は、すべての投資家に適合するとは限りません。

 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください騰訊控股(トウジンコウコ)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

騰訊控股(トウジンコウコ)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。